テニスについては
詳しくはありませんが、
素人目で見る限り
グランドストローク(右打ちの普通のショット)

バックストロークは
ヒッティングポイントが同じには見えません。

OIO


右打ちの普通のショットは
からだの右がヒットポイント で
バックストロークは
体の幅の中に見えます。

ですので
バックストロークの場合は、
片手でラケットを持っても、両手で持っても
似たようなヒットポイント、ストロークに見えます。
OIP

ですので ボールを待つ姿勢も
グランドストロークの方が早めに体を開く
ボールと対峙する必要が出てくるのだと思います。

勿論、試合であれば
いろいろなシチュエーションがあるでしょうから
一概には言えませんが、基本はそういうコトなんだと思います。 

感覚的に どうボールを打つのか
テニスで言うところの
片手でのグランドストロークなのか
それとも両手なのか
ゴルフの場合 ラケットに相当するクラブは
選択の余地なく 両手で持っていますから
片手のグランドストロークにするのには無理があります。


downswing右手で叩く と言う言葉は漠然としているので、
一概に良い悪いはありませんが、
両手で持っているゴルフクラブを
片手、この場合は右手だけで打とうとすれば
テニスのソレを同じく
からだの右にヒットポイントが来ます。
当然、早めに体を開く必要が生まれますが、
それでは 左手が届かなくなってしまうので
肩ラインを残す・・・ そんな風に見えますよね。


テークアウェイに取り方もそうですが、
例え トップの位置や姿勢を形式上作っても、
ボールを打つ、打撃と言う概念が変わらない限り、
この実質的な
 片手打ちの打撃 は消え去るコト
 は無いような気がします。