典型的な(俗に言う)カット打ち
本当に典型的なカット打ち のお話し です。

ご本人が恥ずかしい とのコト で
コチラで動画をお見せすることは出来ませんので
いろいろ工夫して 真似をしてみるコトにしました。



53仮にAさんと呼びましょう。
Aさんは
1.テークアウェイで、足腰はボールに向けたまま、
 それだけではなく 右サイドもほぼ動きません。

2.左肩だけ、左腕だけを動かす感じです。
左肩、左腕を一生懸命動かしますから
 左腕がものすごく長くなった感じ
 逆に右腕はめいっぱい曲げて、縮めて。。。

よく言われる 右ひじを下に付けて、
 脇腹に張り付けて ・・・ そんな感じ です。
210フレームショット

3.そこから ダウンに入るのですが、
カラダと左腕で ボールに入ってきた
ところ では かなりフェースが開いています。
ドライバー ショット なのですが、
正直 ウエッジ並みのロフト状態 です。
ararara_Moment

4.ダウンスイングで
左腕、右腕 別々に使おう
 と思っている訳では無いと思いますが、
左腕が全く下がらないコトも有り
左腕が長くて、渋滞を起こし、右腕が使えないのです。
また、テークアウェイでは腰は右を向いておらず、
そこから ダウンスイングに入れば
すぐに腰は開き始めます。
 つまり左腕の付け根はボールから離れる…
 左腕を短くしたら ボールに届きません。
casting

5.ボールに届かない、
でも ボールは打たない と。。。
ですので かなり課題の残るインパクト
 になっています。



さて それを真似てみたのですが、
どうも ダウンスイングで
 左グリップの高さを維持するのが怖くて怖くて。。。
(下げない だけでなく 低くしない)
ボールに触れないかも… も怖いですが、
その降ろし方(降ろしてないんですが)が
 ボールへの方向、
 球の飛ぶ方向とつながりません。
downswing
『左上腕を下げない』が前提なので
左グリップの高さと体の相対関係を維持しようとすると
カラダが反応して からだを折って(右サイドに倒れ)
下げない けど グリップを低く しようとしてしまいます。

兎も角 テークアウェイ、トップで
左腕を長くして、
右サイドに比べ、
 左サイドの動作量、移動量が多いので
ダウンスイングで 左腕が邪魔です。
通常、からだの回転で
左グリップがボールを通過するコト
 ソノモノが打撃なのですが、
それでは ものすごく開いた状態。。。
フェースではなく、
 ソールがボールに向いているような
 インパクトになってしまうので
左サイドを止め、
(Rさんの大好きな)右手で叩く感じになります。

正直、ここまで左腕が邪魔だと 外から振るか
体を折って より寝かして 見てくれだけのインサイドから振るか
そのどちらかしか方法は無く、
どちらも体に優しくありません。

どちらであっても
インパクト直前に、急激に、
ヘッドを、フェースを返す為、
ヘッドの進行、軌道が急激に内側に入り込み、
「急なヘッド姿勢の変化と急な軌道の変化」 で
出球の方向と球筋を決める落としどころが見つかりません。

そういう意味では
右ひじを アドレス時の背後方向に
(ボールから離れていく方向に)
出来るだけ引く
 というのは
右腕の移動量、右サイドの移動量 を 増やし、
左腕、左肩の移動量を減らすコトに慣れれば
ダウンスイングで 左腕によって
渋滞を起こすコトは避けられると思います。