スイングは
グリップの形…関係でだいたい見えます。
良いグリップ(握り)とか
悪いグリップ、フック、スライス、
インターロッキング、オーバーラッピング
と言う意味ではなく、
パーツとしてのグリップ
 に接触している左右の手の割合も
何割、とは言えませんが、左手の方が多めです。
左手で主に握り(持ち)、右手はサポートな関係です。

IMG_0772


それは
 クラブの重さは主に左手(グリップ)に掛かっている
ということを示唆しています。 

フェースターンするような
 手で打つスイングであっても
腕は肩、からだに接続していますから
全体が動いている時、
全体の動きが止まらない限り、
両方の腕は同じような量、同じような速度

でしか移動できません。

ダウンスイングの進行方向、進行状態では
クラブの重さは主に左手に掛かっています。

『重さ』 と言うモノは
 動きたがらない代物 ですから
トップ以降、切り返しでは 重さを預かっている左手は
動きたい・打ちたい方向と反対に引かれるような状況です。
(、と言って左手で引っ張れと言う意味ではありません)


それを考えると
打撃の準備、テークアウェイで
左腕の方が 多く、たくさん動けば
ダウンスイングで 左腕が余る、
左腕が邪魔になるのは当然で、
左腕の長さを上手に消す、邪魔にならいよう する為には
どちらの腕も同じような量 移動するべきでしょう。

ゴルフスイングには前傾姿勢があるので
その中に入れてしまえば
左腕の長さは 回転する体への負担では無くなります。
ビデオ_Moment

左グリップを下げるコトは
クラブの重さが利用出来ます。
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)

肩だけを廻す、胴体をひねるテークアウェイでは
前傾姿勢が無くなってしまうので
腕の長さ、重さを消せる場所、
左腕を収納(格納?)できる空間が無いのです。

左腕を下げる、元に戻せば
からだの回転や姿勢に対し、特別な負荷 にはなりませんし、
左腕を 前傾姿勢の下、に入れれば
 その重さによって 前傾姿勢を維持し易く、
 その時間を保つコトも可能です。
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(5)

ところが 左腕を下げず、
言葉で説明するのは難しいですが、
上腕の上げ下げをせずに グリップを下げる、
ということは からだの余計な屈曲、
(体を右に折る形)になりますから
前傾姿勢は消えます。
からだの回転によって
 グリップはボールの方に出てしまうので
前傾姿勢の下に入れるのと比べると
ボールの方向に 重さが掛かりますし、
カラダのボールに近づこうとしますから
体を開いて その距離感を相殺しなくてはなりません。



ですので
テークアウェイでは
左腕、右腕、 左サイド、右サイド
出来るだけ 似たような量の移動が欲しい、
ダウンスイングで
 打撃進行の一番前にある 左腕が
 邪魔にならないような テークアウェイが欲しい
 訳です。