テークアウェイ、
打撃の為の準備 からは少し話が逸れますが、
準備 と言う意味では
何をするための準備 なのか は大切な話です。

「右腕で叩く」について書いてみます。



maenarae例えば。。。 ですが、
両手で持った 大きなボール(バスケットボールサイズ)
それで ティーアップしたボールを打つ(叩く?)
としましょう。

おそらく ですが、
基本 メインエンジンは
 体の向きの変更 になると思います。

radioカラダを捻じる、胴体を捩じると
両腕の長さが釣り合わなくなり 不安定です。
ボールを持っていられなくなる可能性もあります。
ですので、胴体は捩じらず、
股関節を境とした、骨盤より上の
胴体・上半身の向きを変えて
 ボールで ボールを打つ と思います。

力強く叩こう とすると
腕の重さやボールの重さで
(右打ちと同じ方向に打つ とする)
ボールはからだの回転、進行より 右に、
 遅れようとしますよね、
それが からだから外れないように
 サポートする、 左に押してあげる、
 からだの進行通りに沿って、押してあげる、
結果としては、
からだとボールの相対関係は変わりませんが、
その相対関係を変わらないようにするのが
 右手の仕事
 です。

しかし ゴルフの場合、
それと少し違う感覚を持った人がいる、
少なくないかもしれません。

野球でボールを投げる、
テニスでサーブを打つ、
右打ち、右投げ ですが、
 この場合、ゴルフと違い
両手は離れています。
反対の手による拘束・制限はありません。
感覚的な話で分かり難いかも知れませんが、
左腕を含めた 左サイドを動かした「後で
右腕を振る、右サイドを動かす
 『順序』
 があると思うのですが
ゴルフの場合、
 ほぼ同じ場所を左右の手が握っているので
 それらの順序は存在しません。
ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Moment

しかし 多くの方のゴルフショットを見ていると
野球でボールを投げるのと同じように
左腕がボールを追い抜いた後、
まるで ボールの投げ方、テニスのサーブ のように
 右腕だけでボールを叩こう としている気がします。

からだの回転で打つ
 というコトになれば
その左腕が ボールを追い抜くコト
 ソノモノが打撃になります。

先ほどのボールの話しと同じで
 腕の自重やクラブによって重くなり、
体の進行に対し、遅れそうになる左グリップを
 遅れないように
体の進行通りにサポートするのが右腕の役割
 です。



ゴルフショットにおいても
「右腕で叩く」と言う言葉をよく耳にしますが、
私自身はどうもピンと来ません。
ココより北の◌◌さんが似たような事を言っていたような…

右腕を使ってない訳では無いですが、
例えば 遠くに飛ばそうとしたら
その メインエンジン は
 回転の速度、素早さ です。
速く周れば 腕やクラブの自重も増えますから
 右腕のサポートする「力加減」も
それ相応に増える のは分かるのですが、
本当に 「右腕で叩く」 とすると
クラブを持っている左腕はどうしたらいいのか…
左腕は体の一部 とまでは言いませんが、
それにかなり近い からだとのリンクマン です。

右腕で叩く とすると
カラダとの関係を一度切り、
叩くためにからだの回転を止めるか、
からだの回転から左腕を切り離すか して
 右腕を使わなければなりません。

右腕で叩く時…左腕はどうしたらいいんですかね
やっぱり 止める?
体の沿って 絞る感じ?




両手で持った クラブを
 からだの向きの変更で ボールを打つ のと
右手で叩くための どこかでからだを止める、
 クラブと体の回転をどこかで切断する
 のでは 準備も変わってくると思います。