2
月某日半年振りにラウンドしました。

 

しかも ほとんど練習していない

慣らし運転出来ていないニュークラブ。

そして ブログの教え に従い

 「右を向いている内に 外から打つ」でのラウンド。

庭練等でショートアイアントは打ってみていましたが

ドライバーは初めて。

 

スタートホール ティーショット

不安感、違和感が発生することは解っていたし、

ラウンド前に練習や素振りを繰り返しても

解決には至るはずも無いことが解っていましたので

腹を括って 素振りすらする事なく

 教えを 守ったつもりで打ちました。

当たりは それなり。

中弾道。真っ直ぐ。

フェアウェイセンター。前へ行っている。

なぜ 上手く打てたのか解らず。

 

(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(2)

セカンドショット

9鉄。振りにいってしまい ダフり左へ飛びだすも、

グリーンエッジ。飛距離は合っている。

 

アプローチ

ザックリ  単純ミス

 

パット

7m  そう言えば

このリシャフトしたパターで

ボールを打つのは初めてだったなぁー

スタート前にパットの練習もしていないし・・・

即ち 半年振りのパッティング

感覚を大切にして 。

 恐るべし L型ブリストル  入りはしないが 惜しい。

 

それやこれやで 無事ラウンド終了しました。

 

満足出来る当たり、

飛距離、方向、弾道 が得られたのは ドライバーの一発のみ。

これは 強烈でした。

他はそれなりでしたが、

教えの様に打ちますと

当たりが悪くても 狙った距離そこそこは出ていました。

そして 曲がる気配はありませんでした。

振った時は論外。

 

右を向いている内に外から振ってみる

また、ツルツルの薄いライからのアイアンショットでも

 これまでより飛ぶアイアン。

 

大変 面白いラウンドでした。