ゴルフショットは
クラブを両手で持っているので
左腕、右腕、それぞれの運動、動作の釣り合い
動作の量が似ていない と
だいたいの場合 ロフトが開き、
からだが上向き(からだの開き)
一般的な言葉では 「突っ込み」
 になります。

ダウンスイング〜インパクト で
右腕で叩きたい人もいるでしょう。
そうであれば 余計
左腕、左手の移動量、運動量を
右腕、藜蠅茲蠅眈なくして置いた方が
叩き易いでしょう。
左腕、左手の移動量、運動量の方が多ければ
その移動量、運動量に追いつくため の叩き
になって 実際のボールの叩きにつながらない可能性も…。
まあ こういうのは実質ではなく
 実感さえ残れば満足、と言うのが多いですけどね。

201903_Moment(2)201812_Moment(2)2021-01-29_16-53-52_Moment







右打ちの人の多くは右利きです。

握力や腕力も 右手、右腕の方が強い…でしょう。
加齢とともに その差は開くように感じます。

ですので テークアウェイの時点で
左手、左腕 の動作量、移動量が
右手、右腕 よりも 多いのは
あまり よろしくないと思います。
弱い方の左腕が 重さと闘う のは
 明らかに不利になるでしょう。




テークアウェイでは
出来るだけ 右サイド、右腕の移動量、動作量
よりも
左サイド、左腕の移動量、動作量は
少ない位にしておいた方が良いでしょう。 

テークアウェイ においては
 重力、重量に逆らう動き が多いですが、
ダウンスイング においては
 重さを利用出来る 下がる動き、下げる動き
 があります。

その重さを利用して
 右腕よりも弱い左腕を下げる、動かす
 重さで下がる、動かす ようにしておく方が楽になる筈です。

トップの位置で クラブ(重さ)がどこにあるのか、
◉どんな姿勢をしているのか
◉どんな重さがかかっているのか
◉左腕、右腕のどちらに多くかかっているのか
◉どんな風にかかっているのか
それを考えた テークアウェイは如何です??

素振りのイメージが造り出すスイング_Moment

モノを横に動かす というのも
基本、重力に逆らう動きの一つ で
モノの重さは 移動量、移動速度分
積算、掛け算で増えます

右腕のクランチ、
骨盤の右向き、
右腕のクランチによって
 引っ張られやすい左手を
横に引かれるのではなく
上腕を上げて置き
◉出来るだけ適度にクラブを立てる、
◉あまり クラブを寝かさないようにした方
 が
トップの位置、ダウンスイング初期に
ゴルフクラブの重さが 左腕にかかるようにした方が
その重さの助力が使い易くなります。
その重さによって 左腕が下がる 可能性もあります。
IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)





ダウンスイングにおいて
運動の一番先頭である筈の 左腕が
行ってくれなければ 渋滞 します。
右腕を使いたくとも使えない状態になります。



右腕は支え であり
切り返し、トップの位置で
クラブの重さを右腕にかけない
クラブの重さを左腕にかける位置、姿勢が望まれます。