手打ちを嫌う人にとって
最大の障壁、スイング改善の難関は
ボールを打つための準備、
 テークアウェイやトップに行くまで
『自分では手で上げている、
 手で打つための準備 をしている自覚』

が無いコトでしょう。

例えば 実験的に、アドレスから
体は回さず、意図的に手だけで動かして!
とお願いをすると、まず 100%に近い人は
手だけ なのに クラブが横に移動します。
体の向きは変えていないのに
 クラブ、ヘッドが軌道を描きます。
IMG_0058Trim (2)_Moment(3)








体をねじって…
細かく解説すれば
胴体を捩じり、骨盤を含む、へそから下 と
へそから上の肩、腕を別々に回転させる、
場合によっては 骨盤をずっとボールに向けて、
肩だけを廻すことを
 「からだの回転で打っている」 

と言う認識にあるのですが…。
。。。体を使っている、胴体を使っている
のは嘘ではないので…その認識を改めるのは難しいですね。

一番の問題は
胴体ゴトではなく、腰とは別に肩をまわしているコト
によって ロフトやフェース面が常時、向きを変え続け
開いたロフトや下がった右サイド の状態で
インパクトを迎える可能性が
 からだの回転で直にクラブを動かしているコトよりも
遥かに多いことで、
そのロフトの開きやフェースの開きを解消するのに
肩周りも含めた、腕力頼りになってしまうコト でしょう。

✋簡単に言えば 
フェースローテーションが必須になります。

そして コレも長年ゴルフをやっている人に多いパターン
になるのですが、結果、として フェーすローテーションが
必要なコトが、逆に フェースローテーションをする為の
動きに刷り込まれやすいのが スイングの迷路 です。

足もそうですが、からだの回転、向きの変更も
フェースローテーションを成功させる為の
前準備にしかならず、
長丁場になり易いゴルフと言うゲームにとって
再現性を 腕周りの小さな筋肉頼み と言う点が
部活でゴルフをしないような年齢の人には不向き である
と言うコトです。


IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)





それが胴体ゴト(骨盤と肩を一緒に)であっても
それが胴体捻じり(骨盤は回さず 肩だけ回す)であっても
右向きは 浅いよりも深い 方がベター であって
胴体を捩じる、肩だけ回す 方が
 人間の構造を無理 があるが故
(からだの構造上、胴体を捩じるのは良くない)
その捻じる量は 痛み、無理として 肉体的に認識が掴み易い
部分にもあります。
屈伸運動や前屈運動に似てますね。

骨盤ごと、胴体を捩じらず 右を向く方が
圧倒的、からだには楽、無理がありません。
体はその機能を持っていますので…。
逆 が故に 「からだを廻した」と言う
 実感に乏しい
 というコトです。