一般的なテークアウェイを取っていた方 が
いきなり 骨盤、胴体の右向き にトライするには
ちょっと注意が必要です。
IMG_2813-0001-1


左腕一本、左肩を入れる系の
上半身の捻じれ のテークアウェイが
胴体の、骨盤の向きで 右向きを取る
に変更する場合、
 骨盤、アソコ、おへそ を右に向ける に加え、
従来の 左腕の右への振りを抑えない があると
単に トップの位置が深くなるだけ、
行きも帰りも時間が掛かる だけ
、になります。

骨盤の右向き を意識すると
今までより かなり
ボールから後方(アドレス時の背後方向)に
ボールから離れる「感じ」、遠くなる「感じ」
忌避感につながる可能性があります。

実際に打ちのは難しい、かも知れませんが
 "素振り" であれば
視界や視線をボールに留めず、
右向きなりに 視界や視線を動かす方が
スムースに右向きを取り易くなります。



多くの人は
テークアウェイの 左腕の横への振り具合
が リズムの目安、切り返す目安 になっている と思います。
それを 全部、もしくは一部
  胴体の右向きで奪います。
ので 今までのタイミング、リズムとは変わる可能性があります。
どちらか というと 浅くなった感じ、早い時期にトップ、
テークアウェイの終わりが早く、
トップの位置が早く、浅く感じるかも知れません。



IMG_0226_Moment(2)IMG_0058Trim (2)_Moment(4)






従来 腕を、クラブを横に振っていた
その横の仕事を 骨盤、胴体が行いますから
クラブを腕の外、
右打ちの人であれば 腕の右、からだの右
に押し出すのではなく
クラブを腕の中に起こす感じに変わります。

まあ 単純に トップの位置で
からだの右に倒していたクラブを
右ひじの張り、今まで行っていた右腕の捻じり
を無くすtことで 立てる だけ なんですけどね…