毎年恒例…なのですが
Ⓙさんのビデオレターから
 映像を作成しました。
ご覧ください。



全体的には滑らかな
 良いスイング だと思いますが、
他の方の教材にもなりますので
 改善点を指摘したいと思います。



大きくは 右向きの質を変えたい、と思います。
骨盤の右向きが足らず、
 画像では見えにくいですが、胴体の捻じりが
少なからず 入っています。
骨盤の右向きが足らない為、
 腕での円弧が多く、
双方の影響によって、
自分とボールとの空間を無意識に調整している為、
必要の無い下半身の反応、調整があります。

若林純一 2021_Moment(2)左向きも同じですが、右向きも
俗に言う 回転差(捻転差と言う言葉はあえて避けます)
は 足、この場合は太もも と
骨盤の 向き差 です。
Ⓙさんの場合、太もも、
特に テークアウェイの場合、軸足になる右太ももと
胴体(骨盤)その境目である 股関節 が
向き差の境目になっていません。
おそらく その向き差は へそと胸の間の胴体
になっていると思われます。

が 故に テークアウェイで ボールに近づき、
それでは クラブを振る空間が足りませんから
ダウンスイングでは離れていく 空間調整 が見られます。

この手の空間調整は フェアウェイウッドのなどの
長物を地面から打つ場合や
フルショットを傾斜から打つ場合に
ミスを誘発し易いので、右向きの質の改善は有効です。
特に前方からの映像が分かり易い、と思います。

✋手さばきが多くなると
インパクト時、入射が緩めになり過ぎ、
ロフトが開く傾向が強くなるので
弾道が高く過ぎになるコトが多くなり
距離を無駄にしてしまう可能性があります。


また、今はまだ年齢的にも良く振れますから良いですが、
年齢があがり、振れる能力が落ちた時に、
逆にボールが抜け気味になり、浮かせられなくなり
飛距離がガクンと落ちる可能性もあります。


右向きの仕方、右向きの質 は
一度覚えれば そんなに難しくありません。

また 練習場とコース、ラウンド中でも
暑い、寒い、より緊張する場面では
胴体の、骨盤の右向きは不足しがちで
その補いとして 手が多く動く習慣は
歴史上、全てのゴルファーの共通の部分です。
若林純一 2021_Moment

ですので 練習やトライでは
必要以上に大きく 骨盤の右向きの習慣 に
慣れるようにしてみましょう。
骨盤には限界がありますが、
その限界までやってみる位が良いでしょう。
股関節は慣れていけば より深く動くようになります。
毎日、毎週の習慣付け になります。