ダウンスイングの右向き時間の維持、確保
の為には 切り返しからの
「回転に左腕の下がり
左上腕の下がりが伴わない」
と難しくなります。

からだの回転を
胴体のひねり で行おうが、
股関節を境目にした 胴体一体で行おうが、
 からだを廻すゴルフの行為の中では
基本、
🔴右向きは 左サイドの方が低く(右サイドの比べ)
🔴左向きは 右サイドの方が(左サイドに比べ)高くなります。

同じコトですが、
右サイドの方が高ければ 右向きの時間で、
左サイドが高くなれば 右向きの時間では居られません。 

謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)





・・・・と考えると
左上腕、左腕が下がり易い条件が揃っている方が
右向きは確保し易い
、のだから

,靴覆蕕擦覆韻譴仍箸┐覆い茲Δ聞鼎気離轡礇侫箸
ヘッドの感じられない、遅らせないと使えないような
シャフトは避けた方が良いでしょうね。


⊆,法,匹Ε董璽アウェイ を取って
 どんな トップへ行けば 左上腕が下がり易い か
 自ずと答えは出てきます。


トップ付近で クラブの重さが 左腕、左ひじ に
 かかるような位置であれば その重さによって
 左上腕の下がりが誘発されます。


 左上腕を下げないと からだが開き易くなるのですから
 テークアウェイで 不必要に、必要以上に
 左腕を振る、上げる のはNGってコトになりますね。スイング ココを治そう❶_Moment
 右ひじに左ひじが被る(上回る)テークアウェイでは
 左上腕下げ難くなりますし、
 クラブの重さが左ひじにかかって来ませんから
 二重の意味でマイナスです。




 胴体をひねって 骨盤を右に向けず
 肩回り、腕周りだけで テークアウェイを取ると
 ダウンスイングの早い段階で からだが開くのは
 ほぼ 確実というコトに成り得ますね。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

 まあ…一般的と言えば、一般的なんですが、
 上に伸び上がりながら からだを止めて
 無理やり 正面を作る って言う
 何とも言えない 技術 ってのもあるでしょうけど…。
 からだには良くなさそうな匂いが強くしますよね。
 上手に手を返す、ヘッドを返す ッテコトは
 それをする為の 土台である体は止める ッテコトになり、
 当然、伸び上がりながらのインパクトは必須になるのです。

 それらをひっくるめて テイクアウェイの取り方 。。。
 何をするためにテイクアウェイするのか という
 目的というか、経緯を考えて 初動を始めるか で
 だいたいのコトは決まってくると考えて良いでしょうね。