切り返し ダウンスイング始動に
 左腕上腕が下がる(降りる)コト
ココから 打撃は始まる と言っても
決して過言ではありません。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)






からだの向きと左腕(右打ち)の関係は
常に一定、

右向きの「行き」は上がり 〜テークアウェイ
右向きの「帰り」は下がり 〜ダウンスイング
左向きの「行き」は上がり 〜フォロー
からだと進行方向前の上腕の関係はつながっていて
常時、一緒に動き続ける 
これが スイング基本と言っても良いでしょう。


必ず 廻る に 上がる下がる
 が付いて回る と考えましょう。


✋廻るだけ、上げるだけ、下げるだけ は
 それそのものが 打ち遅れを生みます。


全員、絶対とは言いませんが、
スイングの悩みを抱える人の多くが
ダウンスイングで左腕、
 左グリップの方が分かり易い かもですが
✖左グリップの位置が低くなっても
 左グリップ(左上腕)が下がりません。 
 (動作 で言うのなら 降りません)

ハンドターン


🔴左上腕が下がるから回転が始まるのか
🔴回転が始まるのか左上腕が下がるのか

覚えて来たスイングタイプによって異なりますが、
多くは 左上腕が下がるから、向きが変わり始める
と考えた方が、その順番を意識した方が良いでしょう。



これは同時に
 クラブのスペックとも関係してきます。
一般的には
 意図的に シャフトはしならせないといけない
 シャフトをしならせて、しなり戻さないといけない

と考えられていますが、
意図的にシャフトをしならせる、しなる戻す
そのどちらかも 支点部になるグリップは
位置を固定して、言うなれば シャフトに引っ張られる
グリップを支点に ヘッドを動かす為に シャフトを使います。

しかし、意図的にはしならせる必要に無い シャフトの硬さ
であれば、自然に発生したシャフトの「たわみ」 や
しならせようとしなかった そのクラブの位置 によって
切り返しは シャフトが、クラブの重さがグリップを押そう、
打撃方向に押すように誘います。
 ✋✋この違い、シャフトの機能が反対ですから かなり大きいです。
ですので 好みを除けば、
切り返し時に グリップが押されない、
シャフトやクラブの重みによって グリップが押されない
🔴左腕を誘発的に下げられないスペックはNG
オーバースペック
と判断しても良いでしょう。
確かに クラブを選ぶ鍵 になりますが、
多くのクラブは 見栄とツッパリで選ばれる方が多い^^です。


downswing
また 見た目だけのトリックのように見えますが、
〆絃縅咫丙犬劼検砲降りる 回転 と
∈絃縅咾降りず グリップが低くなる
  には
スイングの悩みにつながる 大きな違い があります。

〆絃縅咾降りる/下がる 回転、ダウンスイング

 その時間が言葉の通り 左サイドが下がっていく ような
 時間帯  つまり 正面へ向けての右向きの時間
 です。

ところが
∈絃縅咾蝋澆蠅此▲哀螢奪廚低くなる 回転 

 IMG703グリップを低くする行為を 左サイドの上げる行為、
 右サイドを下げる行為で 代替え します。
 つまり その行為そのものが からだを開く ソノモノと言え、
 無意識ではありますが 正面へ向けての右向きの時間はすぐ消失し、
 いきなり 体の左向きの時間にはいってしまいます。



ですので 切り返し、ダウンスイングの始動で
 
左上腕が下がるか、下がらないか、
 
からだの回転に 左上腕の上げ下げ がくっ付いているか
が 右向きの時間の確保 につながってきます。
切り返して 限度はありますが、
左上腕が降りるか、どうか
が 右向きの時間の確保 
になってきます。

S20180921_MomentS20180921_Moment(2)




インパクトはからだの正面で!
 と言う言葉があり、それを意識するのはどうなのか
 言及し辛いトコロではありますが、
 自然な流れで
 右向きから 正面を介して 左向きになっていく
 その正面あたりに 
「結果として」 インパクトがあるのか、
 切り返してから すぐにからだは開こうとするが
 左サイドを上方に突っ張らかって
 向きの正面を無理やり維持するのか
 では
かなり大きな違いだと思います。
字面を見ても 故障の多そうなのがどちらか明白です。


昨日も書きましたが
スライスに悩み、
からだが開いてしまう から、それが原因と
どんどん からだを止め
からだが開かないよう、左サイドを上に突っ張る動き
をしちゃう人がいると思うと… なんだかな って感じです。