全員に当てはまる とは限りませんが、
 かなりの人にとって 参考になると思います。


いろいろ実験してみて
 多くの事実が隠れています。

まずは 動画をご覧ください。 



ショットとも、アプローチとも言えない
単に ソコの部分だけを抽出して やってみました。

片方は ダウンスイング/切り返し で
🔴積極的に 左腕、左上腕、もしくは左ひじを 下げる
 上げた左上腕を元の高さに戻す


これをスイッチに からだを廻す 感じ。
ヘッドの重さ分、遅れるコトを見越し
先に左腕を下げる を 廻ることとつなげている感じ、です。


一方は 意図的に 左腕を下げず
 単に体を廻すだけ
どちらか というと からだの回転で
腕やクラブを引きずる、というか 引っ張る感じなります。
(下げないと こんなにも違う_Moment

後から動画を見てみると
 左グリップは 低くなりましたが、
 下げている訳ではなく

 無理やり解説するのであれば
 進行方向、回転方向の前方にある
 左腕、左サイドが詰まっている、
 渋滞しているので
 回転が上手く行かず 右サイドが潜り込んでいます。
 (意識としてはやっていません)
 その分、シャフトも寝て、
 ハーフダウンのあたりではフェースも開いているように見えます。



かなりの差が出るのが
インパクト付近の『からだの開き具合』ですね。
ココの部分は
 全くの無意識です。
(下げないと こんなにも違う_Moment(2)

どちらも 空振りする訳には行かないので
本能的に からだが修正をかけたんだと思いますが、
右サイドが潜り込む分、
 左サイドは上に逃げざるを得ず
その結果、として からだの開き になるのでしょう。

つまり 左腕の下がりは 右向きの時間の延長 というか
右向きの時間の長さ を保つコト になります。

左サイド、左腕の付け根は
 上方にボールから離れますので
 どこかで止めないと ボールに届かなくなります。
 これって 間違った意味の左サイドの壁 かな?
 なんて思ったりします。


気になるのは アウトサイドイン等で
 インパクトのからだの開きが気になる人が
 間違った形で修正する可能性が秘めている というコトですね。
アウトサイドイン なので インから入れたい
 …より左腕を動かそうとしないお陰で
 よりからだが開いたりします。
 それを無理やり 止めようとしたら からだ痛めます。


左腕の下げ、
からだの回転と腕の下がりのリンク、
意識としては 重さも利用しつつ
左腕が下がるコトが回転のスイッチ、
最終的には一つの行為 になりますが、
積極的? 自発的な左腕の降り は必要だと思います。
。。。もしかすると
 ダウンスイングの 回転は
 回転そのもの…ではなく、その名称の通り
 左腕の下がり のコト を指すのかもしれません。

アプローチなどでトライしてみて下さい。