2020-12-26_13-52-13_Moment
 腕で作る三角形
これを崩さないように、
 と言われることがありますが、
微妙ーな場合も少なくありません。

形、型から入りたい方は気にされる…かもしれませんが
あえて 言うのなら
骨盤、胴体が向きを変えるから
この形が崩れない のであって
からだから この三角形を離脱させて
形だけを維持する のは 問題があります。

コチラの動画は
プロを目指している研修生に
それをわざとやって貰いました。


その三角形を維持したまま
グリップだけを動かしてしまうと
からだから肩から先が分離したような形、
本来、前傾姿勢の有るうえで 廻る筈の角度、方向とは
違う肩の回転
 になってしまいます。

これでは体にも良くありませんし、
右を向いても 早くに苦しい姿勢が来てしまい
十分な右向きが出来ないでしょう。

ダウンスイングにおいて 変な縦回転 になってしまうので
どうしても スペースを造るため伸び上がる
が付いて回ると思います。


2020-12-26_13-52-13_Moment(2)繰り返し 書きますが、
その三角形を維持するか、どうか、
は 好みの部分もありますが、
兎も角、グリップが移動するのは
腕の生えた 胴体が向きを変えるからで
グリップから先行して動かす、のは
お薦めできません。

動画を見て頂くと分かると思いますが、
からだ の右向きではなく
グリップを移動させてしまうと
グリップは体から離れ、
規定よりも外目にあがってしまいます。

誤解を生み易い部分ですが、
からだの右向き、
胴体の右向き があるので
グリップは『イン』。。。ボールから遠ざかっていく方
 に動きます。
この三角形だけを動かして イン に引くのとは違います。



2020-12-26_13-52-13_Moment

ハミングバードが考える
この三角形 の話し ですが、
この形状、形が変わらないのではなく
この三角形の作る面 と からだの関係 は
上がっても変わらない、
 面が捩じられない 面をねじらない だと思います。



皆さんにとって 来年が良き一年 となりますように。