本日は こちらの動画の Kさんのスイングを。


これは推測ですが、アドレスの前傾の深さなどから
元々は 手だけで横にあげる フラットなスイングをしていたのでは❓
と思います。

それを 弊社のブログを参考に 自分で
しっかりとした右向き、からだの回転で打ちたい
と言う方向にシフトした、トライしている とのコトです。

そこに関しては 直にお会いしてアドバイスをした訳ではないのに
型として変更を行えた のはすごいな と思います。
特に 右股関節に加圧が掛かるまでの 胴体の右向き を作るのは
弊社の頻繁に来店されている方 でも多くはないので
ここは 本当にすごいな と思います」。



ただ そのテークアウェイ、トップの型が
それ以降の「打撃」につながっていないので
とても残念で、ソコのお話しをしようと思います。

弊社のブログをお読みでしょうから
手で振る、ローテーションは出来ればせずに
ボールを飛ばしたい、打ちたいと思っていらっしゃると
思うのですが、残念ながら そうなるには至っていません。

ここ最近のブログ記事でも書いていますが、
おそらく…ですが、スイングを始める段階で
ボールを打つコト を
 ⇒ ボールを上げるコト
 ⇒ 地面にあるボールをフェースで拾うコト
で覚え始めた可能性が垣間見えます。

それを改善する「ドリル」に関しては
後日の記事で書こうと思います。

言葉で説明をすれば
各番手の製品ロフト角度は無視し、
どのクラブであっても ロフト ゼロ 度、
シャフトと平行な絶壁のロフト、フェースとイメージし
スイングの軌道、ヘッドの軌跡 に対し
常時、外に向けたまま、
決して スイング中、その円の中にフェースを向けず
トップの位置から 腕を曲げるとか、伸ばすとかを考えず
トップの位置の腕の関係、腕の姿勢などを
概ねロックしたようなイメージで
からだの向きだけを どんと一気に変える素振り から
始めてみましょう。

スイングの大きさはフルスケールのスイング で
スピードだけは遅め、6アイアンで80ヤード位キャリー
させるような スイングで軽くボールを打ってみます。

今の振り方は、 からだの回転と腕の振り を断絶し
フェースを円の中に向けるような
地面に置いてあるボールを フェースでこそぎ取るように
振っているので からだの回転のルートも良くありません。

トップから腕を止めている(つもり)であっても
よく言われる 遠心力によって 自然な感じで
腕は伸ばされる、腕の付け根部分からクラブやグリップは
離されるようになりますから それ通り…で。
しかし それだけでは ボールに届かない、かも。。。
腕を使って クラブをリリース
 ヘッドでボールを探るような、届かせるような動作 が
ないので ボールに届かない、ような気がするでしょうから
それは 周り方のルート、を変えてあげる、
ボールに近づいていくような
縦横、ボールに近づいていくような 周り方のルートを探るコト で
ボールに届かせてあげる必要があるでしょう。
244eb714

従来は藜蠅鮨ばし、クラブをリリースして
ヘッドで ボールを拾う、ボールを探るような振り方
であったから 不安だとは思いますが、
からだの回転で打つ とは そういうコト です。

この場合、ボールへの近づき方は
横・左右の遠近関係だけでなく、
縦・上下の遠近関係も考えてみて下さい。


フェースを外に向けたまま  という事は
回転で移動するグリップに対して ヘッドは遅れ
⇒その遅れを ロフトの立ち にするというコト
 です。

それは即ち、
あくまでもイメージの話し ではありますが、
インパクト・・・おそらく からだの正面でと言うイメージも
強く持たれているのでは。。。 と思いますが、
ボールと自分の空間
★自分が時計の針の真ん中にいて
 ボールは6時の位置にアリ
 打ちたい方向は概ね 3時と平行な方向
 と言う設定ですと・・・

文字盤3-6jiクラブは 6時 を指したところが
インパクトのイメージを持たれている
と思いますが、
フェースを外に向けっぱなしのまま
ヘッドの遅れ(ズレ)をロフトの立ちに
を実践するとなると
打てないイメージ、当たらないイメージになるかも知れませんが
クラブは9時
(もしくは10時でもOK)を向けたままの形で
自分とボールの空間を「抜く」「通り抜けさせる」
イメージです。

最終的には 7~8時を指した位置でインパクトは迎えますが、
それは 時計の針が回転しているのではなく
止まった時計の針 で 時計が回転している、
自分自身が回転している〜向きを変えているから
そうなるのです。

時計の針 を動かしてしまうと
時計自身(自分)は止まっていないと 当たらないですね

自分のからだに対して 垂直なクラブ ではなく
 平行なクラブ
 それだけでは当たらない、届かない から
 からだの向きを変える
   ⇒ これがからだの回転で打つというコトです