手打ちが絶対ダメ とまでは言いませんが、
距離や方向、弾道を決める
フェースの姿勢や角度、そしてその道のり
それが安定し辛い、再現し辛い、
それソノモノの難易度の高い
 フェースローテーションをしなくてもいいなら、
 それと同等、同等以上の飛距離を得られるなら
簡単な方が良いと思いますよね❓


ほとんどのゴルファー?、大半のゴルファーは
スイングをし始める時、
始めから フェースローテーションを目標に
ゴルフスイングを造ってきた、造ろうとしたわけでは
無い
のだと思います。
スライスをしたり、距離が出なかったり
つまり ロフトが開いていたり、フェースが開いていて
思うような結果、距離が出なかったために
やむを得ず ヘッドを返す、フェースを閉じる、ヘッドターン
フェースローテーションに行き着いてしまったのでは、と思います。


その始まり に成り得るのがvideo_Moment2
テークアウェイ時やトップなど
体が右を向いている時間帯 の
 スクエア、フェースが開いても〜閉じてもいない状態

これを錯覚している人も いるのでは? と思います。



アドレスの状態を基準にするのならば
 地面に対しての ヘッドの状態 とともに
 【自分のからだに対しても】 
一定のスクエアの目安が ある筈 が
それを 勘違いしている人 が少なくない気がします。

スイング ココを治そう❶_Moment
テークアウェイを含め
 手でクラブを振ってしまう人 の場合、
アドレス以外に
 振る自分のからだに対してのスクエアな基準がありません。

何度も書いていますが、
クラブを簡単に扱いたければ
 クラブ単体、ヘッドを動かすのではなく
 クラブを持った自分が動く方が良いでしょう。
スイングの円弧は
自分が向きを変えるコト によって生まれます。

また この場合、
前傾姿勢の対象である 股関節 を境に
体の向きを変える為
左を向いている時も、右を向いている時も
勿論 ボールと対峙している時も前傾姿勢は常駐します。
よって スイングの軌道は傾いている訳です。

2020-12-09_21-08-58_Moment
スイングには前傾姿勢がありますので
アドレス〜テークアウェイ初動から〜トップ〜切り返し
ダウンスイング〜理想的にはインパクト付近まで の
 右を向いている時間 は
左サイドの方が右サイドよりも低い状態(相対関係で)
ですので 
 ← このような状態が 『スクエア』 です。

445TL-1
 地面に垂直な 
← この状態では やや開いている と言えます。
特に 重心深度
 重量(重心)がフェースよりも奥まっているモノは
いったん 開く方へ動かし始めると
より一層開くようになります。
445tl
その人、その人 の 前傾度合い
 にもよりますが、
少々オーバーですが、右向きの上の写真辺りでは
← この位が からだに対しての『スクエア』です。
地面に対しては シャットな状態に「見えますが」
何か 作為的に こうしたのではありません。

そうすれば 『振る自分のからだに対する』スクエアも
見えてきますので、自分自身で修正が可能になったり します。


先ほども書きましたが、
クラブヘッドには 重心深度や重心距離 がありますので
テークアウェイ時に ヘッドが開き始めると
自分の想定よりも大きく開きます。


角度で言えば 20~30度程度の差ではありますが
その 誤解によって
結果 60度も80度も開くことになり、
望んでいない 元に戻す(閉じる)作業
ヘッドターン〜フェースローテーション〜ヘッドがグリップを追い抜く行為
スイング動作の中で一番忙しい時間帯にやってくるわけです。

2013-04-30 10-21-17.464__Mome


あまりに愚問ですが、同じような円弧を描くのに
ヘッドが大きく向き、フェースの向きやロフトが大きく変化しないのと
円の進行とともに 必ず ヘッドが回転、フェースの向きやロフトが
変化し続けるのとどちらが安定、再現し易いでしょうか?