初めてゴルフクラブを握る人 を除き
一度 ゴルフショットを覚えてしまった人が
「正しいロフトの造り方」 〜つかまえの作法
を習得するのに 技術的に一番難しいトコロ は
 間違いなく
『ゴルフクラブ自身を動かさない』
『ゴルフクラブ自身を振らない』 コトが出来ない、
それで ボールを飛ばすことが出来ることが信じられないコト
だと思います。

わざと 技術的に、と言う言葉を使いましたが、
新たな技術を習得 と言われれば
今まで出来なかった、知らなかった 作法 を 新たに加える
と思いがち です。

そこに
『ゴルフクラブを動かさない』
『ゴルフクラブを振らない』
という、既存でやっていたコト、
今までのゴルフショットにおいて
肝心かなめ の部分をしない、削除して。。。で
「どうやって打つの?」
「どうやって飛ばすの?」
というコトになり、ソコの半信半疑のループから抜け出せない
がとても多いパターンです。


video_Moment2video_Momentvideo_Moment1video_Moment3







ですので ソコは

理屈、メカニズム の面で
「正しい(インパクト)ロフトの造り方 」
頭と体の一致が必要になります。
👉ロフトのメカニズムを頭で理解するコトがポイント というコトです。


多くのゴルファー(プロも含めて、ですが)
ゴルフ雑誌やレッスン書などは
フェースの右向き左向き、アウトサイドインやインサイドアウト
など 横横の動き に 毒されています。
ロフトの造り方も含め、どの入射角度で入れるのか、
どうヘッドは上下に高さを変化するのか、させるのか
と言う 縦縦の動き は 正直、空白の状態です。

ヘッドで言えば
ロフトの造り方 と フェースの向け方 は
つながっているので どっちが一方だけ とはいきませんが、
フェースの多少の右向きや左向き、
正規な意味でのインアウトの軌道 は
遠くに飛ばす
安定して飛ばす
には 大きな意味をもちません。
飛ばすコトと安定させることを兼務するには
どういう軌道を作るか、どう入れるか より
軌道も姿勢も変化なく、変化少なく、
どんな軌道であっても似たような、同じ軌道、
 同じ姿勢で入れるコトを考えるべきです。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)








見た目のからだの動き を主にスイングを変えようとすると
それはやり直しの効く『練習場専用』のスイングになるだけで
「ロフトの造り方」を理解しているか、いないか が
実戦で役立つ 唯一の『飛ばし方、そして再現性』だと思います。

そして。。。それが
打撃部分で、重量物、棒の先にあるヘッドを動かさない
ヘッドの重さに構わない なのですから
心情的により難しい のだと思います。


安定して ロフトを立てる〜正規のロフトで打つ は
クラブを動かすのではなく
クラブを持った自分が動く のです。