しらなせて、しなり戻して打つ
個人的には クラブの性能も生き難いし、
しなり戻すには どうしても
からだの回転なり、グリップの移動を止めなくてはならず
ドンぴしゃでのタイミングは合いにくく、安定性が見込みにくい、
高速動作中に「止める」という動きがからだへの歪みが起こり易い
などの理由から 好みではないですけれど、
そういう風に打つのは、方法論の一つ としては面白いと思う。 
色んな打ち方があった方が面白い。


打撃論としては否定できないけれど、
多くの、その実践方法は
あまりにクラブの構造を無視しているように思う。
しならせて しなり戻して打て と言いつつ
 実際にはそれで打てず、それとは違う打撃が主になる実践法だ。


445
シャフトをしならせて しなり戻すコト
をダイレクトに打撃、インパクトに持ってくるのには
出来るだけシャフトの捻じり、
ヘッドの回転を押さえ、ロフト方向(黄色矢印)
にしならせて しなり戻さないとダメ。
トゥ〜ヒール方向、ライ方向に
トゥアップ方向にしならせ、
トゥダウン方向にしなり戻したら
ボールはこすられるだけで、
ドライバーで打っても 8番アイアンのようなロフトになっちゃう。
本当に 煙が出るほどのこすりになっちゃう。

シャフトをしならせて、しなり戻すは
ヘッドを回転させるというコトとつながっていく と思えるんだけど
ライ方向にしなりもどりは
ヘッドが閉じていく方向ではなく
ヘッドがより開き、グリップを持ち上げるように
作用するから
その後に そのしなり〜しなり戻すとは 全く別な
ヘッドの回転が必要になるんだけれど
それをするのに は マイナスなしなりもどり になっちゃうけど…
どうなの?

シャフトを ロフト方向にしならせる には
クラブを捩じらない、ヘッドを回転させない様な
テークアウェイやトップが必須になるのですが
【シャフトは捩じる…ヘッドを回転させると
そのしなりは トゥ~ヒール方向・ライ方向のしなり
になってしまう構造 重心位置とシャフトの関係があります。】
それには 胴体をひねらず
 両肘の高さを上半身、前傾した上半身に合わせる
必要があるのですが、
シャフトをしならせて〜しなり戻して打て
 に関係する どの文献、どの動画を見ても
左腕ばかりを使って 胴体をひねる
  今風なテークアウェイやトップ しか出てこないのが
なんとも納得がいきません。

普通に考えれば その シャフトをしならせて〜しなり戻して
と言う行為が 打撃の肝 になる筈 な話しなのに
実はそれは恰好だけで 打つコトにはあんまり関係がない…
関係がないどころか 最終的な打撃になる
 インパクト直前直後の フェースターンにはマイナス って
なんかの試練?拷問ですか? って思うんですけど…。


前述の通り、その打撃論は「決して」推奨していませんし、
むしろ反対しているスタンスを取っているのですが、
ハミングバードのおススメしている 胴体をひねらず
両肘の高さを前傾なりに揃える

 ⇒右向きの時は前傾分、右サイドの方が高い(右ひじが高い)
打撃の方が しならせて〜しなり戻して打つ には適合してる という
なんとも言えない 喜劇のような、悲劇のような。。。