全員に当てはまる とは思えないですが、
ショットに悩む多くの方の動作 を見る限り、
体を回す、からだの回転を勘違いしている ように見えます。 

からだの向きの変更 とは、その言葉の通り
腕の生えた肩 を 胴体ゴト
からだの向きを変えるというコト というコトです

少々オーバーな例で言えば
maenarae『前ナラエ』をした状態で右を向き
その『前ナラエ』のまま
 正面(ボールと正対する瞬間)を介し、左を向くのですが、
腕やクラブには重さがありますので
胴体の向きの変更に対しては
 腕は徐々に遅れていきます。
胴体通り にイメージしていても
重さによって 自然に遅れるのは放っておいて良いのです。

その遅れ は 技術的には ロフトの立ち
 フェースの下向きにさえしていれば そのまま打つコトが可能 で
スイングは 腕を振るコトradio
 その遅れた腕を…この場合、右打ちの人 ですから
 からだの右に腕が遅れるのですが、
 からだの左に振るコト ではありません。


これでは そのまんま
 腕で、手で打つコトになりますし
からだの回転は腕の振るためのきっかけ にしかなりません。


V字を維持してみよう 上編_Momentスイング の動作のからだの回転は
右打ちの人の場合、
上から見ると 反時計周り の回転
でボールを打つ訳ですが、
からだの回転の一部 である
腕やクラブ、特にこの場合は腕
を 左右に振ってしまおうとする
二重の角度運動は
当然 軸点を移動させてしまいます。

重さのせい、運動のせいで 腕やクラブが遅れるのはわかります。
それは 物理的に当然の作用です。
ですので その遅れのまま 回転を持続すれば良いだけ。
重さである腕を(同じ方向に)振るには
 回転そのものを止めなくてはならなくなります。

 頭の使いどころはそこじゃない

☑問題なのは 腕やクラブがからだの回転に対し、
反時計回りの運動に対し遅れた時、
 フェースが上を向くか、下を向くか
ボールを向いているか、向いていないか

どの道 遅れは発生するのですから…


☑遅れ に敏感なのは ヘッドの重さや 腕の重さ
よりも その長さ です。
遅れを出来るだけ 少なくしたいのなら
長さを極力長く使わない・・・せめて 打つまでは…
 と考えてた方が良いです。

 ♠ ソコがポイントなんです。

トップの位置 もそうですが、
テークアウェイにおいても
端から 腕を振ろう 腕を振るための準備 を
している方がとても多く見られます。

腕を左右の振ろうとすれば
腕は打つ前から 長くなりガチ なので
より一層 遅れは増えてしまいます。



腕の付け根は からだの横幅分
 離れて 胴体にくっついていますので
その離れ分、腕を振る ということは
常時、フェースの向き、ロフトが動き続けている
というコトになりますし、
クラブはその構造上、右打ちの人の右側に
 重さが残り易い性質を強く持っています。
ですので スイングは腕の振り と思っている方は
フェアウェイウッドが尻もちついてしまいます。

445TL-5-1


また 腕は自分ではないクラブと言うモノに近接
接点であるため、そのクラブが造り出す重さをモロに
受けてしまうので 良くも悪く(良い点は殆どないですが…)も
管理しきれません。
これでは 自分の動作 と別な速度…管理しきれないクラブの速度
が発生してしまうので アプローチが難しくなります。