ミスを減らす、安定感を増す、
距離を伸ばす、弾道を良くする など
ショットやスイングを改善する と言う点において
根源的な「勘違い」や「誤った思い込み」 の
影響は 技術的なモノ を遥かに上回ります。
正直に言えば スイング改造は
 からだの動かし方の問題よりも
 頭の中にある情報の誤った解釈を修正するだけ
とも言えます。



Rさん との会話の中でも出てきたのですが、
『体の正面で打ちたい』と思っている  のなら
体の正面にクラブを固定して置いて、
クラブは動かさず(クラブと体の関係は変えず)、からだを回せば
良い球になるか、どうかは別として 課題はこなせます。

それをクラブを振って、
⇒からだに対して クラブを動かして
タイミングや技術、通り道などで
体の正面、からだがボールと正対したタイミングに
 インパクトを作る のとでは 全く意味が異なり、
本当は必要の無い技術を一生懸命練習することになります。
まだ 完成!とは言えませんが、
多少なりとも からだの回転で打てるようになった Rさん
今までよりも 腕の振りで打てるようになった Rさん
「こんなにもクラブを動かさないんだぁ…」 って
いやいやいや からだの回転で打つ、
体の正面でボールをとらえる って そういうことでしょ!
体に対してクラブを動かさず からだの向きで円弧描くんだから
そうなるに決まってますよ…



これは一つの参考例…ですが、
グリーン周りなどの短めのアプローチを
振り子のアプローチで行っているゴルファー が
「ダフリやトップのミスを無くしたい…」と願う場合、
あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment







そのミスの確率が高い、
特に現場で、傾斜が絡んだ時などに
ダフリやトップのミスが出がち…な訳ですが
その理由は
☑振り子の動作が故に
 回転式のアプローチよりも ヘッドの上りが急激
☑振り子の動作が故に
 軸がその重さによって振られるので
 俗に言う最下点が右にズレがち 
   なので
根源的には 「振り子のアプローチ」そのものの誤解 が
 一番の修正ポイントは筈、です。
(東西アプローチ対決_Moment(東西アプローチ対決_Moment(2)






スイングは向きを変えるから そう見えがち なのであって
実際に 大元の「からだとクラブ」の相関関係は変わらず
自分が向きを変えているだけ な筈なのに・・・
からだの回転 と言いつつ、からだは固定して
肩と腕で作る三角形を揺さぶって からだをきしませている、
回転ではなく 肩を上下に揺さぶっている、
肩と腕の三角形を動かす事が「からだの回転?」

その手の誤解を解くことが 一番の処方箋 です・・・・が
ダフリやトップが多いから
◌左肩が上がるのを抑制したり
◌右肩が下がるのを抑制したり
◌イマイチ どれがそうなのか分かりませんが 茲諒匹魄媼韻靴燭
◌軸ブレ 軸の倒れが起こるからミスるので それを制御したり
 と
どれもこれもが その「振り子のアクション」ソノモノを
 否定する動きで 修正しようとしています。
良い悪いは別として
 肩と腕で作る三角形を 肩を上下に揺さぶって
 振り子をしなければ ボールが打てないのに
 肩を揺さぶっている訳ですから
 左肩が上がったり、右肩が下がったり
 その三角形を振り子にした分、軸点に相当する頭が傾きますから
 それらは動き ソノモノ・・・なのに
 それを抑制したら どう動いて良いのやら…。



とは言うモノの
多くのゴルファーは そこまで根源的な修正は求めておらず
チョちょっと のアドバイスで改善することを望んでいる のも確かで
そういうトコロ… 全国のレッスンプロの方々は
 どう対処しているのか、アンケートを取ってみたいモノ…です。