一般的に信じられている
 からだを回す は
骨盤に対し、肩をどこまでひねれるか
そのひねり差をたくさん取る形式『胴捻転』です。 

cfc9c7ed胴捻転の特徴は
仮面ライダーの変身ポーズのように
若い人は知らないかも知れませんが
左腕を出来るだけ伸ばし、
クラブをからだの右に送ります。
20170920_matsuyama-650x435(仮面ライダー








本来、クラブヘッドの重さを有効に使い、
その重さをシャフトを使って伝達、
その重さでグリップを インパクトに向けて
移動させた方が 当然、ショットは楽になります。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ですので トップ、切り返しの位置では
グリップはからだの幅の中、
両方の肘が似たような高さ
傾きがある分、やや右ひじの方が高い(右打ち)状態
になっていると 上記のように
クラブヘッドの重さは シャフトを通して
グリップをインパクト方向に押す、下げる力として利用出来ます。

また 完全に均等 とは言えませんが、
両腕に対し クラブは似たような重さが掛かりますから
その重さによって からだの姿勢が崩されることも
多くありません。


ところが 胴捻転系のスイング場合
その言葉の通り、からだを捻り
左腕でクラブを右に押してしまう 〜クラブを倒してしまうので
クラブの重さは右(右腕)に大きくかかります。
4bcbe6f4


胴体ゴト 右を向いている場合には
左腕には クラブの重さは臺向にかかりますが、
胴捻転の場合、その逆に上にかかります。

どちらも 右半身には 下の方向に重さがかかりますが、
胴体ゴト の場合は その重さは左も負担しているので
それによる影響は
当然、ほぼ全部の重さが右にかかる 胴捻転より少なくなります。


切り返し付近の「リキミ」を気にされるゴルファー
も多い訳ですが、「胴捻転」と「胴体ゴト」では
どちらが より「リキミ」を生み易いか
どちらが よりダウンスイングで右サイドが潜る
からだが突っ込んでしまうか は答えるまでもありません。


腕も含め クラブには長さがあります。
腕の長さをゼロにする事は出来ませんが、
クラブの長さをゼロにする事は可能ですし、
単純に重さ と言っても
 自分の動いていく方向、動かしたい方向 が
ありますから その重さを負担としては少なくする
とともに、その重さで誘導されたり、助力された方が
当然、楽になりますし、より少ない力で飛ばすことが可能になります。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)4bcbe6f4









ですので 重さのかかり方 だけでなく
負担としての 自分からヘッドまでの重さとしての長さが
かなり大きく異なるコトも見て取れると思います。