やさしそうで 実際やってみると奥深い
パッティングストローク

ドライバー、アプローチと並び 悩んでいる人は多いですね。



パッティングストロークに型無し と言われますが、
同じ距離感を保てるなら
 自由なスタイルで構わないとは思いますが、
物理的に 安定の高い方法を無視してしまうと
 腰痛になるほどの 練習量が必要になってしまいます。
まあ、逆を返せば 腰痛になるほどの練習量するのなら
 どんな打ち方でも なんとかなる と言う意味でもあります(^_-)-☆



まず パッティングは オーバースピンを! と言いますが、
 それは すっきり忘れましょう。

ボールは地面を転がるので 自然にオーバースピン になるだけで
 そのスピン量を 「意図的に」 増やす必要はありません。
 放っておけば良いのです。

ボールの外周 一回転は約15cm ですが、
 ^豌鹽召靴董15cm転がるのが良いか
 15cmを 二回転した方が良いか
 15cmを 半回転で行った方が良いか

どれが良いと思います?

パターはオーバースピンを を意図的に回転を増やす
様にしたら 答えは△砲覆辰舛磴い泙垢茲諭
でも そうすると 当然、地面や芝との抵抗は 2×円周分 増えます。
傾斜や芝に影響を受け易くなりますし、
おそらく ´↓の中で 一番強く打つ必要が出てきます。

理想は 滑るように転がる  です が、
それを狙う必要もなく 普通に打つコト です。



一定の距離感を保ち
出来るだけ狙った方に真っ直ぐ転がす
この二つを両立し、ショットと同じく再現性が高いのが理想です。

その為には
その二つを両立し難く、再現性の高くない 方法を知っておきましょう。


🔴ヘッドの高さ変化を抑える

パッティングするのには どうしても ヘッドの高さ変化は起こりますが、
それを出来るだけ緩やかに 少なく するのがベターです。
ショットと同じく ボールの下に当たっても、ボールの上に当たっても
やはり 距離をロスします。
 
006005009
イメージはやはり 円弧ではなく
 緩やか〜〜な、下向き直線 でしょうか…


🔴ロフト変化を抑える

フェースの向きやヘッドを真っ直ぐ動かす…ばかりに気を取られがち ですが
 ゴルフクラブは構造上、ロフトもフェースの向きの一部 です。
 ですので フェースを上に向ければ 左に向けたのと同じ、
 フェースを下に向ければ 右を向けたのと同じ です。
 
✋ロフトの一定性 というか
 打った後も ロフトそのものがボールを見ているような
 イメージでしょうか?
002001003







ですので 良く言われる 振り子のストローク は
その よろしくない部分を両立している ので お薦め しません。
打つ自分の目には ヘッドが真っ直ぐ引かれ、
真っ直ぐ動いているので 真っ直ぐ"行きそうな"気がしますが、
へっどの 縦の弧、高さ変化は意外に激しく、
短い距離の時はまだしも、中程度以上の距離になった時、
ボールとヘッド、ボールとフェースのコンタクトの縦ずれが
激しくなり易い特性を持っています。
4c9a0689
また、多くの場合、 ヘッドが上がり際 で打ちます。
ヘッドが上に、フェースが上に向いている というコトは
左を向いている というコトになるのですが、
それとともに ボールをやや歯気味、ややトップ気味で打ちますので
フェースにボールが乗らず 右回転が薄く入り易くなります。
☑特に マレットタイプのパターは想定以上にヘッドが前に
 この場合は 上に動きますので それは大きくなります。


ですので 距離が伸びない
スライスラインでキレが大きい
フックラインでブレーキがかかる
登りに弱い、下りはより伸びる

 になり易くなります。

それの延長ですが、距離がやや想定より短めになるコトが多くなり、
その距離を打つため 強く打って「ひっかけ」と言うのも付いてきたり します。