ドライバー に悩む人は多いです。445TL-6_00

ドライバー を選ぶ際、
 幾つか 覚えておく 方が良いです。



まず 長尺

 長尺の距離に対するメリット は
ウッドの流れを見ると 分かり易い ですが、
長いクラブほど 立ったロフト(少ないロフト)を
装着するコトが可能になる、
というコト です。
→長いクラブほど 入射 が緩くなるので
 ボールを上げ易くする と言う長さ特性

また 45インチを46インチ に
というコトは 同じスイングウエイトにこだわるなら
 ヘッドの重量は 12〜15g 軽くなるので
クラブそのものの打撃力・破壊力は 変わりません。

『長くなるから ヘッドスピードが速くなる』
だから 飛ぶ と信じている人が殆ど ですが、
1インチで 上がるヘッドスピードは 平均して 0.6ms
誤差範囲でしかありません。
正直、ミスも増えるので
 もしかすると 最大距離は"多少"伸びる?かも ですが
 平均飛距離は下がる可能性が秘めています。

『長くなり』 そのことによる入射が変わるので
 立ったロフトでも ボールが上げられ 使えるようになる・・・かも

というコトを理解して 使わないと 長尺にメリットはありません。
 飛ばしは行き着くところ ロフトの造り方 次第です。

あと 忘れてはいけないのは
 実は 風による影響がとても増えます。
スイングする際、
 空気抵抗をより受けるのは ヘッドでは無く シャフトです。
ヘッドの大きさや形状にもよりますが、45インチを超えると
 前方投影面積 空気抵抗は シャフトの方が遥かに大きく
風が強くなると スイングがし辛くなります。


実は長尺 は
体力の「ない」飛ばしたい人向け ではなく
体力の「ある」飛ばしたい人向けのクラブ
 です。

IMG_0340


そういう意味でも 短尺 の方がベターかも知れません。

圧倒的に扱いは楽です。

短尺度合いにもよりますが、やや大きめのロフトが良いでしょう。
ミスが出た時 高さに逃げる と考えて置けば
 平均飛距離アップも十分考えられます。

スライスが怖い人、ヘッドターンしたい人 にとって
 ロフトが大きい というのは より左を向いているクラブ
 右に行き難いクラブになりますから 安心です。

長尺=ヘッドスピードが上がる だから 飛ぶ と考えて使う長尺よりも
短尺=安定している ヘッドスピードに頼らない
そう考えて 使う短尺の方が おそらく距離も安定度 も高いと思います。


まあ、どれもこれも ですが、
 上手くなったら 少ないロフト
 上手くなったら 硬いシャフト

と信じている人には 有効ではないかも…ですね。


ゴルフを始める際、スイングを覚える際、
 大きめのロフト 13.14度のロフト の
柔らかめのシャフトで
 大きなロフトを低く打つ を覚えるのが
『飛ばしと安定』『飛ばしとスコア』の一番の近道だと思います。

上がり易いクラブで 下げて打つ はショットの基本とも言えます。
 小さなロフトで上げて打つ は
「飛ばせない… と 安定しない…」の始まり なんですけどね…。
 皆さん その道を進まれますよね。

IMG_0339

ゴルフクラブが売れなくなり、
シニアと女性が共有で 12度が最大のドライバーロフト…
女性に12度や男性用のクラブを使わせる なんて言うのは
悲劇の始まり の気がしてなりません。