ボールから目を離すな

 と言いますよね。 

これって 一見すると
 ずっとボールを見て置け って意味に
捉えられますが、真実は違います。

からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとっては
見ていても 見ていなくても 大きな差はありません。

実際、テークアウェイ時は
視線誘導して置き 顔や視線ソノモノを
右に向けた方が 右向きがし易くなります。
ボールを見ておく、 もしくは
ボールを視界の中に留めておく
と言う意味で からだの回転で直にボールを打つ人
(胴体をひねらない、肩と骨盤を一体に回す人)
にとって ボールを見ておく、視界に入れておく
と言う意味の ボールから目を離すな です。
  どっちでもいいですけどね…。
20191006_Moment20191006_Moment(3)







ところが 捻転派、胴体をひねる人 にとっては
ボールから目を離すな は その言葉の通り
ボールと目との距離感が重要になります。
前の記事 の通り、
捻転、そしてその解放 で打つと
からだは一度縮み、元の長さに戻ります。
伸び上がりながら、からだを開きながら
ボールから離れながら の打撃になります。
その最たる例、が 「地面反力」 だったりします。
(地面反力 = 地面を上に蹴るチカラ)

ですので ボールと目との距離を維持して置かないと
上手く打てない…維持して置いても難しいと思いますけど
その言う意味合いなので 中身は異なります。

目と言う左右にある構造上、
動作中に 奥行きの何センチの差 は
見ていても 把握出来ないでしょうし、
把握出来ても その修正、間に合わないでしょうから
なんか もっと 深い意味あるのか 考えますけど
どれもこれもが 実効性の無い、自分の為 というよりも
人に見せるためのスイング、教えてくれる人を納得させる為の
ハードル に近いので 答えは出てきません…。

ararara_MomentIMG_0302_Moment








からだで直に回る、
胴体をひねらない に移行したい人の
始めの難関は
テークアウェイで からだ、そして視線が
いったん ボールから離れる、この場合は距離、
いったん ボールから遠くなるコト なので
そこは素振り などで 視線誘導し、
その距離感を認識、掴んでいた方がいいかも、知れません。

テークアウェイは確かに ボールを打つための準備行為 ですが、
動作の勢いをつけるための モノでは無いので
ボールを打つための準備ですが、
その場所(トップ)に行くための 助走路 に近いので
スピードも不必要ですし、
まして 息を止めるような勢いは全く必要ありません。