×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。


足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

それは もう アドレスからテークアウェイの初期段階
から 発生します。

無理な胴体のひねり、
腰はボールに向けて置いて 肩だけ回す…
エクソシスト(古い…)じゃないんですから
端からその無理な動作 は
リキミ行為ソノモノですし、
仕方ないですが、リズムも速くなります。

AZEJ5123_Moment


じゃあ なぜ そうするのか❓

 って 答えは簡単ですよね。

からだをゴム のように捩じらせて
そのねじり戻しで ボールを飛ばす
って 根本的な打撃概念、イメージがあるから です。


で ゴムだとしましょう。
ゴムって 捻じれると 短くなりません?
んで 元に戻ると 元の長さになりますよね。
 短くなって 元に戻る(長くなる)んですよね。
✋インパクトの伸び上がり って それソノモノ じゃぁありません❔

51yc2qL+ZTL__SY355_ゴムだとしましょう。
捻じると 全体が捩じれますよね?
固定されている、に近い部分は 足の裏、靴 です。
そのねじれ を開放したら、
 どこから 戻るんですか❓
からだで言うと 肩周り です❓

固定されている部分に近いトコロ から 戻るんですよね❓
    小学生でも答えられそうですね。。。

で、腰はボールに向いたまま・・・ な訳ないでしょう。
壊れてしまいますよ、からだ。

からだは開いて、左サイドがあがり、右サイドが下がり、
右サイドとボールの距離は アドレスより近づきます。
ロフトが閉じている、からだが下を向いている、
フェースが開いていない で インパクトを迎えられそう です❓
土台、ロフトが閉じている、からだが下を向いている
フェースが開いていない時間、そのものが無いんじゃないですか❓


捻じって 捻じり戻す
その勢いでボールを遠くに飛ばす・・・
その気持ちは痛い程判ります、判りますが、
それが 開いたロフト、開いたフェース
アドレス時の構え(関係)とは 全く違うボールとの相関関係で
ミスなく 遠くに飛ぶ 打撃概念 とはとても思えません、
 からだを傷めようとする行為 をしてまでも。


言葉 では ダウンスイング と呼んでいますが、
からだは開き、自分自身は上を向いている のに
下に振るって とっても効率良さそうですよねー。
それって 実際、下に振ってるの? 上に振ってるの?