×腕で振る
×手を返す 
×肩の周りがからだの回転

で行っていた方が
『リアル からだの回転』
に移行するのに ちょっと頭の整理 が必要です。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)









足さばき を使って
 骨盤ごと 胴体の向きを変える のです。

ですので 肩の回転は要らなく なります。


全く脱力と言うわけではありません。
からだを意図的にひねるコトは推奨しませんが、
からだを傷めない為に 胴体にはひねり という「遊び」
というか、緩衝になる部分と言うか、行為はあります。
ですので 骨盤の回転に対し、
本当に脱力、ダラダラにすれば
クラブや腕、肩周りの重さによって
肩部分はひねり遅れてしまいます。

その遅れが発生しない程度、には 使うは使います。


ハミングバードでは よく
「ダウンスイングでは先に左腕、腕を使え」と言っていますが、
これも 今まで「意識的、無意識に限らず」
肩周りを胴体〜骨盤に比べ、遅らせてきた人にとって
「先に」 腕…実は肩 を動かしておく 位 でないと
同時進行にはならないか
ら です。
(比較)左手ドリル_Moment(7)

腰は正面に向けたまま、
へそ 辺りを境に 肩周り、上半身上部 だけ を回転
捻転なんて言葉も使われますが、
肩だけを回してきた人で
世界中、過去も振り返り、トッププロも含め
インパクトに 骨盤・腰が ボールと正対している人を
見たことがありません。
(頑張って止めて置け と言う意味ではないですよ)
今では 誰もが インパクト時、
飛球線後方から お尻が丸見え状態 です。
AZEJ5123_Moment(4)

ダウンスイングの始まり、切り返し において
腰は動かさず 肩だけ回す
なんてコト 出来ると信じている方がスゴイ です。
動いていないのは 地面を捉えている足の裏 だけ
なのですから 当然、腰の方が先に回り、
腰が行き着くところまで行ってから 肩が回る
なんて言うのは 人間の構造上、当然 です。


多分…ですけど
からだで回す 胴体をひねらず回す
にすると 打った感じがない…力感が出ない
と多くの方が言いますけれど、
それは 腕 よりも 肩周り、背中廻りのリキミ感
を感じられないことによる 拒否感 なんだと思います。
それって 「リキミ」 ソノモノ なんですけどね…。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)






胴体をひねったら 筋肉で抑えて 制限をかけないと
からだを痛めます。
✋そりゃ そうでしょう。
 リキミは ある種の 恐怖感 です。
それが 要らない んです…。