これに関しては
もう笑っていいのか、悲しんでいいのか、
ギャグなのか、それともホラーなのか、
安価なプリンターを売って、インクジェットで稼ぐ式レッスンなのか、
とっても 微妙なお話し です。


ミスショット、
スライスが出る、
ボールが飛ばない、
 などなど
上手く打てない、ショットが安定しない打撃として
『アウトサイドイン』
 が代表例 と思われていますが、
その
『アウトサイドイン』
そして 上手く打てる、上級者の証 とも呼ばれる
『インサイドアウト』 とはどういったモノ なのでしょうか❓ 





先に正解から行きます。
スイングは 基本、からだの向きが変わるから
ヘッドが大きく移動
します。
インサイド とか アウトサイドを発生させる 円弧 は
からだの向きによって
 形成されています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(2)









右を向いても、左を向いても、
ヘッドはボールから離れ、自分の方に入って来ます。
問題の アウト とか イン は
飛球線を基準に考えられているフシが強いですが…

そうではなく、
自分が右を向いている内に
 ヘッドがボールにアプローチしてくる
 から
それを インから と呼ぶのです。
 つまり そのヘッドの移動、クラブの移動 が
からだの向きで行われているコト が大前提
 になっている『筈』です。

では アウト の場合 はどうでしょう❓
 本来は右を向き、 それが元に戻る、と言う行為で
打撃になる訳ですが、
 右向きのタイミング で打撃に入らず
 左を向いてカラ 打つコトになる と
アドレス時に構えている目標方向(飛球線方向)
 より 左を向いて打つコト になるので
飛球線ラインよりも 外から ヘッドが入って来ます。
打ち遅れ ている訳ですね。

しかし、これがそのまま →スライス になるか というと
答えはノーです。

これは単に アドレスに対し、打つ方向、振る方向、
振るタイミングをズレている と言うだけで
結果、ヘッドと軌道の関係によりますが、
 その方向にボールが出るに過ぎません。
オリジナルの飛球線に対し、
 斜め外から振ってきた…としても
その実軌道に対し、フェースが開いていれば 右回転(スライス)
フェースが閉じていれば 左回転(フック)
ですので、アウトから入ってきたコトと 曲がりは
ほぼ全く関係がありません。 問題は方向だけ です。
(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)

でも それですら あらかじめ
どの位 斜めに振ってしまうか、理解していれば
実飛球線とアドレスの向きを調整すれば 良いだけ ですので
スイングそのもの と ショットの良し悪し とは
深い関係がありません。

✋この「アウトサイドイン」「インサイドアウト」問題の
 もう一つの欠点、問題を生じさせる点は
 インとか、アウト、からだの開きを避けたいがため
 どこかの時点で からだの回転を止めてしまう、
 特に からだの開きを避けたいが為、
 ボールと正対するトコロで 我慢してしまう というコトです。
 もう、お分かりと思いますが、
 その軌道問題の原点は
 「からだの向きの変更でクラブが動いているか」ですので
 からだを止める は クラブも止まる になる筈なのに
 それを利用して打つ、なんて 本末転倒にも辿り着く訳です。




IMG_0755


☀☀☀☆☆☆さて、ここからが問題なのですが、
実際、世の中で言われている
ほぼ100%に近いゴルファーが信じる
上級者の証❓と呼ばれる 「インサイドアウト」
インからヘッドを入れる は
からだの回転とは全く関係なく
 単にヘッドを 飛球線よりも自分側 から入れる

というコトを指しています。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











インサイドアウト アウトサイドイン の問題の本質は
,らだの向き、からだの回転でクラブを動かしているか
⇒想論で言えば 右向きの内にボールにアプローチしているか

であって、最優先は,任△蝓
 実軌道に関しては 大きな問題ではないのです。

先ほども書きましたが、
打ち遅れてしまい、からだが左向きになってから
ボールを打つコトを便宜上、「アウトサイドイン」と言いますが、
これは 実軌道とアドレスの向きのズレを知っておいて
その分、右向きに立てば 問題は解決します。
出る球筋や距離の問題は 軌道とは無関係、別の問題です。

その正しい「アウトサイドイン」が好きか、嫌いか、
治すべきか、放置すべきか は個々人が考えるコトで
その状態でも 非常に簡素な修正(ズレの認識のみ)で
 十分、ショットも、ゴルフも楽しめます。

ところが 一般で言われる からだの向きには関係なく
 からだの向きでクラブを直接移動させる と関係なく
単に 飛球線の内側から ヘッドを入れる、
のが インサイドから と言う理論は
ほぼ100% 手打ち、手振り を強要し、
その自分では インサイド と思っている場所が
 クラブを寝かせ、ロフトも、フェースも開く、
誰を満足させるために 疑似インサイド を作っているのか
判りませんが、インパクトのロフトも、フェースも、
その軌道を作ったコト、その後に修正改善、
もうインパクトまで コンマ.0何秒しか残っていないトコロで
理想的なロフトの向き、理想的なフェースの向き を
手の返し で修正する必要が絶対に生まれます。
軌道を放置している方が格段に楽、
 その後に訪れる ヘッドの返し技 は
 50年以上、おそらく 一億人を超えるアマチュアゴルファーを
 今も、それから これから先も苦しめ続けます。

現場へ出れば、スイングは兎も角、
スイング軌道なんてモノは 目に見えませんし、
殆ど意識もしていません。
あえて言うなら スイングが分らない人が
他人のミスショットが出た時に
『アウトサイドインだったから』と知ったかぶり される
その程度のモノで、
その誰の為にやっているか分からない
本質とはずれた 的外れなスイング軌道変更 の為に
1/3000秒というドライバーの ヘッド姿勢調整が
永遠に続くコト になるのです。
「軌道を変更」とは随分、上手そうに見えるモノ言いですが、
 単にクラブを手で外に倒しただけ です。

2020-10-19_21-38-40_Moment(2)2020-10-19_21-38-40_Moment(6)











飛球線より自分側 から ヘッドが入ってくるコト
 をインと規定した としても
◌クラブ、グリップやヘッドは からだの幅の中にあり、
 自分が右を向いているから イン
 なのと
◌自分のからだの向きは関係なく
 グリップも、ヘッドもからだの外、からだの右 にあるのが イン

とは あまりに別なモノで
 どちらが インパクトのホンの一瞬手前 として
 適切なのか、繰り返し易いのか
インサイドアウト/アウトサイドイン論争を そう判断しないと
 スイングを形だけで、自分ではなく、レッスンプロや
他人に満足させるためのモノ …徒労に終わってしまいます。