兎も角 騙された と思って
 
この素振りをトライしてみて下さい。

実際のショットでも可能です。
ごくごく ゆっくりした…
 フルスケールのショットで「転がし」程度 から
始めると良いと思います。
この手の改造で
 いきなり フルショット/フルスピード にトライするのは
車の運転免許を持っている人が
初バイク免許の教習にいくのに
 初教練が 高速道路 みたいな
あまりに無謀で、
スイング動作という条件反射に近い動作の変更を軽く見過ぎている
 のかとも思います。



からだ は 胴体・骨盤・腰・お尻 は
イメージ上、頭や顔も含め 胴体丸ごと 向き を変えます。

トップらしき 位置から
単に からだの向きを変え、
 グリップを移動させるだけ です。


フェースは 常時、軌道面、スイングの外側に
 向けて置くイメージ・・・

 ロフトの大きいクラブではイメージし難い…かも?

グリップの移動に伴い、ヘッドも引きずられるように移動しますが、
その遅れは 開きやシャフトの倒れ になる可能性もあるので
それは そのからだの向き度合い・割合 なりに
右腕でサポートします。

素振り…であれば 特に右腕の伸ばしの意識は必要なく、
適度な回転で ほのか であっても 腕に、クラブに遠心力が
かかったら 左腕が進行方向に逃げるよう な クラブ姿勢で
グリップを肩から(上下に)離します。

(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







✋✋✋回転のあるポイントを掴む …と
(記事上では書きません、ご来店下さい
 もしくは ご要望が有れば セミナー開きます)

如何に 自分が 外からガブって 振ってきているか 判ります。
肩の回転が 外から振ってきている分、
腰は相当早め、切り返した途端、開くことになりますが、
外から振るのは嫌なので シャフト/クラブを寝かし、
便宜上の 「偽インサイド」から振っている のです。

そうなると ロフト・フェース共に ダダ開き になりますから
フェースターンが無いと
マン年 どスライスから脱出出来ません。



外から振れ、と言う意味ではありませんが、
からだの向きが変われば
自然と 無自覚で、グリップよりもヘッドは
 ボールの方に出ます。

『自分でするコト 自分の腕でするコト ではありません』


スイング動作 としては
ただ ただ 向きを変えただけ です。
どこかに チカラを入れる と言う感覚は皆無 でしょう。
飛ばしたいのなら ロフトを考え
 ロフトを増やさない、軌道の上下を崩さない範囲で
如何に 早く、時間をかけずに 向きを変えられるか
回転できるかが勝負になりますが、
 それも 力技でどうこうなる と言うモノでもありません。
スイングで 頭を使うべきトコロ は
その腕さばきやクラブさばきが
 回転、向きを変えるのを邪魔しないか どうか です。
腕やクラブの重さを使って
 いかに 短時間でからだを回させるか で、
力技で…つまり からだで引っ張って 腕を動かすのとは
 かなり違いがあります。





チカラを入れたいのなら からだの回転で直に打つ は

辞めた方が良いです。 入れドコロがありません。