二つを比較してみましょう。




まず 気になる点 です。

.肇薀い靴討い觝巴罎癲△修谿柄阿
ダウンスイングで グリップを腕の動きで
ボール側に出し過ぎ
です。

V字を維持してみよう 上編_Moment(2)この方向で見た場合、
アドレスに比べ、
グリップ位置は テークアウェイに伴い
写真薀棔璽訛Α,ら
写真茵.棔璽襪ら離れていく方向に移動します。

これは 確かに見方によっては
グリップがボールから離れる方向に動いた のですが
その原動力は からだの向きが変わったから です。

ですので クラブを縦にも横にもターンさせない
をしようとすると ボールに届かない
というのは からだの回転とグリップの移動が伴っていない、
もしくは からだという胴体、骨盤、腰 と
肩の回転が別なモノ、別なタイミングに動かすモノ
と言う感覚があると思います。

また 逆に テークアウェイ では
 からだの回転でグリップをボールから離れた方向に移動させている
は繰り返しますが、向きが変わったからで 高さは兎も角
からだとグリップの相関関係は大きく動いていません。
にもかかわらず、グリップをからだの回転でない 別なモノで
ボールに近づかせたら、何かが離れるボールとの距離感の相殺
が行われてしまいます。

V字を維持してみよう 上編_Moment実際、グリップがボールと一番近づくのは
インパクト付近です。
それよりも先の時期、時間に
グリップが前(ボール側・写真上〜蕁
に出てしまえば ボールから離れながら
打つコトは必須となってしまいます。

グリップを下げる・・・ であっても
その位置は からだの幅の中 で
からだの向きが変わるから グリップはボールに近づく です。

まあ スイングイメージが 横にボールをとらえる
である限り、それをする為に 一度クラブを寝かさないとイケナイ ですから
それによって グリップが無自覚で出てしまっている
と言う可能性も否めません。 動画上でも その寝具合、グリップの出具合
の差ははっきり見えるところですね…。




次に 刷毛塗 で 押していく
移動させるべき グリップの方向
 です。

パターストロークや小さなアプローチの場合、
からだの回転と言う 大きな移動手段がありません。
よって からだに対し 横方向、
スイング用語で言うと 軌道上進行方向 になりますが、
ショットの場合は 若干、そのイメージは異なります。
…刷毛塗〜肘使いの本当の役割は
 回転の補助・方向決めであって
 打撃行為 ソノモノではありません。

 ダウンスイング以降、
 左ひじをからだの外目に抜く…感じは
 それでボールを打つコト ではなく
 からだの回転を止めず、その動きの中で
 グリップの逃げ口を作り
 からだの回転と馴染ませる為です。


(クラブ扱いのイメージの比較_Moment

ショットの場合、一番 肝心なのは からだの向きの変更力 です。
腕さばきによって、クラブ扱いによって
それを阻害するのは 出来るだけ避けたい のです。
ですので テークアウェイで
 一般的に言われる クラブを上げる、振り上げる は
クラブや腕の長さが 向きの変更力を妨げる ので
速度に応じて その長さを収納 している と考えて下さい。

 しかし 短くなった…
収納されてしまった腕やクラブは
この場合 腕の付け根に近づいてしまった状態のまま、
本当にそのもま からだの回転だけ したら
当然、ボールの上を空振り します。
ですので 腕は グリップのあるべき高さ
 もしくは 届くべき腕の長さ、
イメージとして グリップを上下に動かす というのはあまり良くないので
 グリップのあるべき腕の付け根 から距離
に戻してあげないと ボールに届きません。
 ですから ちょっと ややこしい ですが、
その腕の付け根が回転で移動する分も考慮した
 からだに対し やや斜め下 の方向にグリップを押してあげるコト で
軌道上、からだに対し横にグリップを押す行為を
土台が動いている、全体が移動している最中に行うと
肩と胴体が分離してしまします。
 刷毛塗で押す方向を間違えては 別な手打ちになってしまいます。

◌土台が回転・向きを変えている というコトを考慮し
 右肩に近づいたグリップを 元の長さに
 右肩から離れる方向に押してあげる。
 (目的は打撃そのもの ではなく 届く長さに
 届く高さにしてあげるコト)
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)






動画で見ると 片方(Rさん)は
 はっきりと 横、飛球線方向に 右腕の伸ばしで
 グリップを押していますが、
もう一方(店主)は なんだか はっきりしない 方向性が掴めない
そういう 押している?(つもりはないですけど)
そんな感じに見えると思います。