他愛もない遊び してみました。
数字のマジックに騙されないように。

ココに用意しましたる 弊社オリジナルシャフトは
『新開発中のフジクラ製 70g台のアイアンシャフト』
 
(90g台シャフトも用意中‼)
 5番アイアン 320g 38インチ で
 
(トルク4.5kg、色は今までよりも明るめのガンメタです)
 出来上がり振動数は 155〜165cpm です。
IMG_0871
長さを同じまま、固定したまま
 約8gごとに重くなる #5(322g)から PW(360g)まで を
装着し、どう 振動数の数値が変移していくのか 見てましょう。
(*シャフトのヘッドへの挿入量 は1インチ 2.5cmとします)
#5 159cpm
#6 157
#7 155
#8 153
#9 151
PW  149

と「2cpmずつ」数値は落ちていきますが、
単に 負荷が増えているだけで
 シャフトの硬さ/柔らかさ は同じ、変わっていないのです
 👉負荷分、運動が大きくなっているに過ぎません。
ba9a56ce0a9bfa26e8ed9e10b2cc8f46_1214473713
✋これと同じことが 長さや重さ にも言え
45インチで 総重量300g を基準値 とすると
46インチで 総重量285g
44インチで 総重量315g と言う数値だけの変移は
重さの変化 というよりも その長さにする為のヘッドの重さの変化 で
体感的に、実使用で 「どれが 軽いか、重いか」 
 は 総重量の数値から 推測することは出来ません。

002
良くあるパターンで
 軽量ドライバー と言うのがあります。
一般的には スイングウエイト と呼ばれるモノは
 C-7 あたりから D-1 ですが、
長さを変えて その数値を維持するのには
 1インチあたり ヘッド重量:12〜15g
長くする場合は軽く、短くする場合は重く
する必要があります。

ですので 
45インチで300g の総重量を基準とすると
46インチでは 総重量285g
44インチでは 総重量315g

のモノは 同じ重さ と考えて良い というコトです。
ですので 長尺 46インチ以上のドライバーで
 軽量クラブと言われているモノの多くは
 数値としては軽量に見えますが
 体感、振り感としては 軽量で無いモノも少なくありません