からだの回転 と ゴルフスイングは
良くも、悪くも ついて回ります。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)MVI_0878(2)_Moment(7)
多くの人は ゴルフスイングにおける『からだの回転』
向きの変更を このように考えている…のではないか
と思うのですが…。

しかし、これに 速度を加えたらどうなってしまうでしょう❔

速度を増すと 重さは掛け算で増えます。
そうなると より長さが増し易くなり 重さも増え易くなります。


重さが増えれば、向きの変更の主エンジンである
足の動きに対し、腰、肩、腕、クラブはどんどん遅れていき
最終的には その分、腕で取り戻す
 腕さばきで振らなくてはならなくなります。


大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)









あくまでも 想像の領域 なのですが、
数百年前 ゴルフらしきモノ のスタートは
単に 棒で石やなにか を打つコトから始まった のでしょう。
そして その先端に硬い重量物を付けると
より遠くに、より強く打てる・・・そんな感じだったのだと思います。

現代のゴルフにもつながるのですが、
長さがあり、その先端に特出した重さの付いた
ゴルフクラブと言う構造を考えると
上から打つ なんて言葉はありますが、
始めの写真の通り、からだの回転どおりに 肩も腕もクラブも
遅れないように 主エンジンを足腰だけ にしておくには
腕の上げる動作、下げる動作は
上げ下げ することではなく、
クラブの重さ、腕の重さを増やさないよう
遅い速度だと遅れない 腕やクラブ を
速い速度にした分 短くしておくためのモノ
なのではないかと思います。

その例…として 短い距離、中途半端な距離を打つ際は
運動速度、回転速度も早くないので
クラブを格納する、短くするような動きは多くありません。
しかし 一旦 フルショットになると
 腕やクラブを短くし、遅い状態の長いクラブと同じような
 重さに収納しておくコト がポイントのように見えます。
video_Momentvideo_Moment1video_Moment2video_Moment3








だから クラブの下に振る とか
気持ちは分からないではないのですが、
道のりが長くなり、クラブや腕の重くなり量も増えますから、
よりクラブや腕、そして問題の肩 を 腰から切り離してしまう
結果として インパクトは腕で振らなくてはならなくなる
というコトもあるんだと思います。

手の返し、フェースローテーション で振る人の特徴は
ダウンスイングの道のりが長く 時間が掛かっています。
場合によっては、フェースローテーションをする為
 一旦 クラブを寝かす行為まで取り入れている人もいます。
まあ 元々 フェースローテーション、手の返し無し では
ボールは打てないと信じ切っているので
 そこ以外の何が変わっても、その部分は捨てられないのでしょう。


少なくとも 私の個人的印象では
上げる と言う行為の本意は 長さの収納で
スイングでよく言われる 遠心力やクラブの重さに手伝って貰い
その長さを打てる・届くところまで戻し、
打ち終わった後 やはり 出来るだけ早めに収納・格納する
と言う感覚です。