今回は たまたま Rさんも言っていましたが、
『からだの正面でボールをとらえる』
『ボールと正対した時、インパクト!』
『からだの正面で打つ‼』

そう思っている〜願っている人はとても多い、
出来る・出来ないは別にして、ほとんど全員❔
 なのではないか、と思います。


✋✋✋
はっきり言います。

その言葉、そのゴルフ用語、格言、アドバイス
 すべて捨ててしまって下さい。
 忘れてしまって下さい。

もしくは "正しい意味合い" で覚え直して下さい。



MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)


からだの正面で打つ の正しい意味合いは
からだの回転、からだの向きの変更でクラブを動かす
そして ボールを打つ と
結果として、からだの正面でボールをとらえる
概ね ボールと正対した時、ボールを打つコト になる

と言う意味で、
手で振っているのに
 ボールと正対した状態を維持して、我慢して
 からだの正面で打つ コトではありません。


そもそも 手を主体で、クラブを動かしている場合、
アドレス時を除いて
スイング動作中、インパクトにかかわらず
 ボールと正対する時期、姿勢は一瞬たりとも訪れません。
手で振る限り、
左を向いて、からだを開いて しか
 ボールを打つコトが出来ません。
それを無理やり、正面を維持して…なんて
 それは拷問か、何かの耐久戦でしかありません。
バイク(オートバイ)にパワーウインドウのオプション
  のようなモノです((笑) 

大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)









また、手を主体でクラブを振る
 →手を返す、ヘッドをturnさせる、フェースローテーション
のスイングタイプの人は
 からだ、胴体を捩じってスイングをするので
腰がボールと正対した時が その時…なのか
肩がボールと正対した時が その時…なのか
はたまた その双方を正対させようとしているのか
『からだ』と言う定義が 非常に曖昧 です。


多くの 手を主体でクラブを振る方 は
 →手を返す、ヘッドをturnさせる、フェースローテーション
そもそも 腰はボールに向けたまま、
 肩だけを右に向けようとしますが、
ココから ダウンスイングをスタートして
 腰はそのまま ボールに向けっ放し にして
肩だけを左に向ける という エクソシスト…と言うか、
雑技団技を本当に信じているのでしょうか❓

downswingmhdohirakihiraki







そう唱えている人の多くが、

 腰はど開き で 肩だけ変な風にボールと正対の気分…
という 奇妙な姿勢、いかにも からだを壊しそうな姿勢
になっている訳ですが、 腰痛の怖い 我々の年齢で
そんな事にトライするコト自体、ナンセンスです。

ゴルフ用語、スイング用語 として
『からだの正面で打つ』 は
イコール からだの回転を主で、
からだの回転で直にクラブを動かすコト を指しているので
手で振っている人、手で振りたい人は
『からだの正面で打つ』 なんて言う
人間技を超えたコト は まるっきり 無視、捨てて下さい。

そして、概ね からだの回転を主に、
からだの向きの変更で直にクラブを動かせるようになれば
放っておいても、無自覚であっても
『からだの正面でボールは打てます』
概ね…ですが、『からだの正面で無いと ボールに当たりません』


課題にすら、する必要が無いのです。

逆に 正面で打つ意識よりも
🔴インパクトも含め、そこから しっかり 左を向くコト
🔴そして それを行うために しっかり右を向くコト

の方が 圧倒的に重要です。

からだの正面でボールをとらえましょう! は
からだの向きで直にクラブを動かしましょう
手で振るのは辞めましょう と言っている ので
手で振るけど 正面を維持して我慢してね では決してありません。




からだを捩じって、肩と腰を別な向き具合、
何処が「からだ」の正面、相対している向き なのか
判然としない振り方に アドレス以外、
からだの向きを意識する必要があるのでしょうか❓

忘れて下さい