右手で叩くコト は悪いコト ではないのですが、 それだけで打つ というコトは  イコールで手で振る、からだの回転を使わない になっちゃいます。 加齢とともに 腕力、握力は落ちる、 ラウンド中の耐久力、持続力は維持し難くなりますから ロフトを寝かさない、上からボールを押さえる からだの回転主体に移行したい…です。 右手で叩く感の強い人にとっては からだの回転で打つ は  その「右手で叩く」と言うモノ、そのものを消してしまうので 打撃の実感が湧かない…打った気がしない…のかも知れませんが、 からだ と言う大きな筋肉で行うのと 右腕で行うのでは 体感する労力や衝撃の感度は違います。 その右手の実感 そのものが耐久力の無さ に直結するのです。