地味な部分ですが、
スイング全般にかかる 大きな差 になります。
ちょっと 気になるトコロ だったので
動画を作って 説明してみました。




やっている、し慣れている方の意識までは把握出来ないけれど
骨盤で回れていない、肩と骨盤の分離 がある ソレを
真似てみると 
兎も角、【グリップが体から離れます
 ものすごく離れる感じがします。
地味な差に見えるが かなり大きな差です_Moment(2)


今更 両腕で作る「校」なんて 話もなんなんですが
その校と骨盤との関係は
からだの回転、骨盤ごと 右を向いていれば
当然ですが、大きくは変わりません。
校の向き と言う意味では
骨盤のやや左め を向いている感じ のまま なのですが
グリップの押し込み、肩の揺さぶり で
テークアウェイを始めると
グリップそのものが体から離れる だけ でなく
V字はどんどん 骨盤の右を向き、
しまいには 骨盤よりも外を向いてしまいます。

地味な差に見えるが かなり大きな差です_Moment


左手で押す感じなので、左肩関節が胸側に出る分、
左腕が長くなる、かなり余ります。
そして、その結果、右腕の長さが邪魔になり
 →右腕をたたむ…と言うよりも縮ませるような
使い方をしなければなりません。

この肩と骨盤の分離 では
右を向いている間は 左腕が長くなり
左を向いている間は 右腕が長くなる
、感じが強いです。


両腕の長さ が常時 合っていない。。。

これは ヘッドターン の一つの証 です。



習慣…の部分はあるとは思うけど
右向きは 骨盤の上に胴体の乗せて
基本、何もしない
骨盤の動きの邪魔になるようなことはしない
と言う感覚…じゃないでしょうか

×左肩を入れる とか
×左腕の無理に伸ばそう
×グリップを押しこむ


そこらへん は 骨盤と肩の分離 を生んでしまうのではないか
と思います。

肩と骨盤の分離 は
ショット時の ライ(地面の状況)を大きく動かします。
ダウンスイングからインパクト前後に関して
肩が骨盤に比べ 縦の回転が強くなれば
状況はどんどん 左足上がりに近くなります。
スイングで言うところの 最下点は 右にズレやすい
ダフリやトップのミスを生み易くなりますし
弾道が距離ではなく 高さに逃げやすくなります。