【質問頂きました】
Q:ショット全般ですが、
テイクアウェイで右肘を後ろの人にエルボーする感じでと

読んだ気がして認識していたのですが、どこら辺の後ろでしょうか?


身体の遠いほうの後ろ? 近いほうの後ろ?

田中どら_Moment(5)
A:質問ありがとうございます。
テイクアウェイ時、のクランチのひじ使い のコトを
指しているのだと思いますが…。

まずは あまり形にこだわらない で下さい。

右ひじを "やや" 外側に張り目 にあげる、外目にする、
には その後の行為に対する目的、役目があり
 そちらの方がより重要です。

,泙此▲肇奪廚琉銘屐△發靴は そう呼ばれるような位置
スイング時間で言うと 切り返し (行きと帰りの折り返し点)で
クラブの重さ 腕の重さが ダウンスイングやインパクト に向け
より良い方向にかかっている、
自分の行きたい方向、行かせたい方向にかかっているーような
位置にクラブが有るコト
がポイントとなります。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)この写真、で言えば
ここから からだの向きは変化しますが、
この写真上で言えば
右肩の前にあるグリップエンドは
左腰の方に移動させたい訳 です。

そう言った方向 に クラブの重さが
かかっているような位置 の方が
力まずに スムースに クラブの重さを利用しつつ
ダウンスイングに入れますから ベター と言えるでしょう。

200811__Moment(3)手や肩だけで上げる テークアウェイ では
左ひじ が 右ひじ よりも高くなる 状態になります。
これでは クラブは倒れ
 ダウンスイング時、右サイドの下がり易い、力み易い
左サイドの上がり易い 重さのかかり方になってしまいます。

蛇足…にはなりますが、
この 『上げ方』 が グリップ(握り)に 大きな影響を及ぼします。
自分の 上げ易い・動かし易い グリップになっていきます。




右ひじを やや外目に やや高めに 張って頂く のは
からだ (肩だけを回す〜胴体を捻る のではなく)
 ・・・股関節を境目とした胴体 の向きを変えるコトを促進し、
左右の肘の関係が からだの姿勢を作り得る! からです。

M20191011suburi_Moment(6)

特に からだの右向き の促進 は 非常に大きく、
それ以外のコトは 今まで通り でも
右ひじを やや外目、やや高め にするだけで
右向きの質、右向きの量 が向上するので
 結果がすぐに伴ってきます。
◯そう言う意味では 右ひじを高め にする コトよりも
 やや外目に張る 方が重要かも知れません。

◯高さ…に関しては 高いことが重要なのではなく
 左ひじよりも 高いコト(傾きなりに)がポイント になります。


自分のアドレス、前傾姿勢のある状態で
右を向くと どの位 蕁扮θ梢函砲離皀里茲離皀痢,茲蠅
◯高い位置関係になるか が 右ひじの行く先を決める
 と言っても良いでしょう。
◯右ひじの向かう先 が 右半身の行き先を決める
 と言っても良いでしょう。
前傾姿勢の無い状態であれば、両肘の高さに 上下差はありません。
葛谷 2017-2020_Moment(2)葛谷 2017-2020_Moment(3)





固定電話を取って 右耳に受話器を動かす
 からだに対し 手を真っ直ぐ耳に移動する、邪魔なひじは外に逃がす…
 そんな感じに近く、窮屈な程、曲げ過ぎず、
ひじ自体も無理に上げる必要はありません。
右向きの際、その傾き通り、左ひじ よりも 高ければ良い
だけです。 そう言う意味では やや遠め と言う感じでしょうか。