そもそも ゴルフスイングにおいて
スタート時点(アドレス)から 特殊なショット…開いた状態のクラブで握らない限り、
テークアウェイ時やダウンスイング時、クラブ(フェース/ロフト)開くのは
 手作業(手打ち)でないと ソレを実行出来ません。

からだの回転〜向きの変更で クラブを開く〜閉じるは不可能なのです。

(こする つかまえる)_Moment

手打ちを避けたい と言う方は
 まず そこから改善しなければなりません。
ゴルフクラブは構造上、先が重たい長いモノ、
加えて ヘッドの重心、加重は
 アドレス時の向かって蕕吠个辰討い覦戮
行き・準備であるテークアウェイで 開いていしまうと
帰り・打撃であるダウンスイングでは
 倍以上の重さになって帰ってきます。
つまり 一度 手作業で開き始めると
 延々と 手さばきでクラブを扱わなければならなくなります。


それで 肘や腰などを傷めず、
ショットに悩みがないのなら 良いですが、
「開いて〜閉じる」打ち方 には
いろいろ問題点があり、ショットの難易度、
特に反復性においての問題点は
 正直、部活並みの練習頻度と練習量でしか
解決する方法がない と言え、
からだに負担を掛けやすい方法であるが故に
 より故障を生み出し易くなります。


.哀螢奪廚量簑
 まず 開いて閉じる打ち方 では
 なぜそうなるのか 不思議で仕方ありませんが、
 開くコトをし易く する為のグリップが横行します。
 ……本来であれば 閉じる方が優先されるべき…ですが。

 故に 左右のグリップが離れ
 アドレスが歪んだ形になり、
 コースでのセットアップ、ボールの位置等に乱れをきたし易くなります。

 また 手打ち、手作業でボールを打つが故に
 ラウンド中、握力の低下に対し、
 グリップ、アドレスの変化 が大きく、
 トーナメントプロであっても、それが原因のミスが多くなります。


▲▲疋譽后Ε櫂好船礇△僚斗彑低下
 言葉の通り、開いて〜閉じる打ち方 ですので、
 打つ球の方向性 と アドレスの向きに
 直接的な関係がありません。
アライメント
 故に アドレス、スタンスの向き、ボールの置き位置 の
 重要性が下がります。

 昨今、アドレス時に 方向性やボールの位置の確認のためのグッズ
 アライメントスティック 等 を
 ゴルフバッグに指している人 をかなり見かけますが、
 開いて〜閉じる打ち方(フェースローテーション)をする人にとって
 あまり意味の無い練習器具…お守り にしかならないか、と思います。

ヘッドの高さ変化
 気づいてない、関心の無い方 が多く
 とても不思議に思いますが、
 アマチュアの場合、左右のミスや距離のミス
 それらも含まれるのですが、
 ボールとヘッドの「上下」「高さ」のコンタクトミス
 通称 ダフリやトップ のミス は かなり重要課題 です。

 ヘッドの開きや閉じ は
 ヘッドのその姿勢にばかり 気が行きますが、
 必ず ヘッド、打点の高さ、上下変化 が伴います。

 そして からだを止めて、手さばきで 開き〜閉じ をする
 影響がからだの姿勢 左右のからだの高さ も
 より激しく働きます。

 ◌この点をよく考えて頂きたいですね。

 この手のスイングの発生源は ショットマシン です。
 ショットマシンは 支点も土台もほぼ完全固定!
 スイングしても 遠心力や重さなど 不可抗力等による
 影響によって 支点や土台は動きません。

 ところが 人間がそれを行えば
 自分の重さやクラブの重さによって
 支点や土台は 如何様にでも動いてしまいます。

 開いて〜閉じる打ち方が反復性良く行えるのには
 その支点になる部分が いつも同じ場所 にあるコト
 そして それを支えるからだの位置や姿勢が いつも同じ場所
 にあるコト・・・・・ そして その発想は そのいずれもが
 移動しない、動かない、固定されたかのような状態
 であるコト なのですが、 
   →→ そんなコトは機械でない ヒトには 不可能です。