手打ち 手振り、
手で振りたくないのに 結果として 手打ち
手でクラブを振るコトを誘発してしまう「思い込み」 があります。


その一つ、非常に大きな要因に、
何度も、何度も書いていますが、
 『ヘッド』…先端部は振るモノ と信じているコト、
もしくは 言葉では分かっていても
 自分で実際には実践しないコト 〜信じていないコト です。

V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





ゴルフのスイングは
 基本、横…傾きは有ったとしても 水平方向への移動 で
ボールを打ちます。
横ステップ でボールを打ったのでは
 多くの飛距離が得られないコト、
 コースには傾斜などがあり、実現が難しいコト

などによって からだの向きを変える ・・・回転する動き が
利用されています。

向きを変える…回転する動きであり
 ヘッド部は その外周部分にあるため
 たくさん動いて見えますが、
 実際には からだの向きを変えた角度、
 からだの向きを変えて移動したグリップの移動角度分、
 以上に移動する、角度運動することはありません。



ココに二重の意味での 手振りの素
料理で言うところの だし のようなモノが潜んでおり、
まず 第一に

 ‖里向きを変える〜回転する コト によって
 クラブ(シャフト)が向きを変えるので
 それ以上の クラブの角度運動は一切ありません。

 クラブの打撃部には 方向や高さ、距離などを決める
 角度が付いており、
 シャフトの角度を一度替えるだけで
 それらは 複合して変化してしまいます。

 飛距離と方向、そして反復性を望むのであれば
 シャフトを振る、クラブを振る、ヘッドを振る
 というのを 減らす のではなく、
 無くすコトを徹底して意識するべきと思います。 


 ヘッド部には特出した重さが備わっています。
 そして、それには長さ、運動した時の速度 が加わり
 それは乗算、掛け算で増して行きます。

 手で振るであったとしても
 からだの向きの変更で移動させる であったとしても
 グリップエンド部を移動させた角度運動よりも
 ヘッド部は 少ない角度運動 しかしません。

 例えば トップの位置からフォローまで
 180度 右から左に向きを変えたとします。
 グリップエンド部は概ね 180度角度運動をしますが、
 ヘッド部は
 180度 − 重さ分(自信の重さ×長さ×速さ)
 何度とは言えませんが、かなり少なく『しか』
 移動  「 出 来 ま せ ん 」
 移動しません ではなく、 移動できません。
 これは 地球上での物理原則 です。

 自分がからだの向きの変え「たりして」
 180度移動させた グリップエンド部よりも
 ヘッド部を同じ量、もしくは多く動かそう とするには
 ヘッド部を動かす よりも グリップエンド部の移動 を
 止めないことには達成できません。
 それは からだの回転の抑制にもなります。

 つまり グリップエンド部をヘッドを同じ量、
 それ以上 角度運動させる コト 自体
 手で振るコト ソノモノにつながるのです。


 それは横方向だけでなく、縦方向の動きでも同じ です。
V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)





 そして ゴルフクラブは長さ があり、
 先端に重さがあるので、大袈裟には角度として1度でも
 その動きを始めてしまったら 止めることが出来ません。
 
 ですので 少なくとも意識、としては
 そのシャフトの角度運動を減らす ではなく
 無くす 意識がないと いつまで経っても
 手打ち からは卒業出来ないのです。