一般で語られる『スイング軌道』の話しは
アウトサイドイン vs インサイドアウト の
スライス対策の話、
か、
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)

前傾姿勢を基準としている筈の
スイングの弧、スイングの軌道の傾きを
ただ 手で振るコトで造る
根拠不明な 『オンプレーン』の話し

(オンプレーン=前傾姿勢に沿って クラブを動かすコト)

前者の スライス/フックは
ヘッドの軌道とフェースの面の関係 によって発生しますから
スイング軌道だけで解決するモノ でもありませんし、
からだの回転と関係ない
 手だけで振る インサイド(入りの方のインサイド) は
多くの場合、クラブを寝かしている 〜フェースを開いている ので
より問題を深めてしまう可能性も出てきます。
出の方の アウトサイド は
フェースターンをしたら アウトサイド には出せませんし、
フェースターンをしなかったら ロフトは開いたまま
 です。

アマチュアの多くの方の
『飛ばし』と『安定性』・『反復性』の両立の課題は
ロフト・・・フェースの縦の問題と軌道の関係が主です。


大雑把に言えば 『ロフトの立て方・作り方』 です。
これと フック・スライスは直接関係になく、
→ロフトが立てられれば フックでも、スライスでも、
 大きな距離の差はありません。

アマチュアの多くの方の ゴルフショットの考えが
フェースの開き を ロフトの開き と考えず、
フェースの閉じる と ロフトの閉じ と考えず、

わざわざ ロフト(フェース)を開き、
インサイドと言って それを更に増やし、
それを閉じるコト の物理原理を掴んでない コトに
問題があると考えられます。
(特に…当ブログを読んでいない方に多いのが歯がゆいトコロですが…)
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(4)

兎も角 アプローチの為 もありますが、
ドリルにもなるので
小さなアプローチを練習する際、
右の手首のスナップ  …藜蠎鵑平側に折れた状態
これを維持したまま ボールを打って頂きたい
 のです。

コメントにもありましたが、
実際には 少〜し そのスナップが解かれた状態で
ボールを打つコトにはなるのですが、

理想というか、目標としては フルスナップを一切解かず
ボールを打つコトを覚えない限り、
右腕で叩く コト も
からだの向きの変更 で打つコト も 叶わず
手打ちをし続けるコトになります。
oto_Moment

スナップが解かれれば
 その90度反対にある筈の ディッシュアングルも消えます
スナップが解かれれば
 その分、左サイド、左肩も上がります。
 ボールを離れながら打つコト になります。


右手でクラブを持った左グリップ、
その左サイド、左腕、左上腕の逃がし方 を覚えないと
右腕で叩けるスイングにつながりません。
右腕を伸ばした時、そのカウンターパートになる
左腕を体から離さないと 腕とからだ につながりがもてません。



多くの方が アプローチであっても
ショットであっても 右のスナップアングルを解いて
キャストでボールに届かせています。
→それを スナップアングルをロックしたまま 入れれば
 ヘッドと腕の長さは
 当たり前…ですが、その分、短くなります。
それは からだの回転の方向や方法などを変えて
 届かせてあげる、ように変更しないと届きません。

✋スナップアングルを保持する から すぐ打てるわけではありません。
MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)

キャストして打っている人が それにトライすれば
始めのうちは 届かないショットが続く筈 です。
そこで からだの向きの変更、からだの向きの変更の時期ややり方、
からだの向きの変更の方向 などを変えていく必要が生まれます。

アドレスの時には ディッシュアングルのある 腕とクラブの長さ で
間隔を取っているのに、キャストして それらを解いて当たっている
のですから、その長さを維持したら 当然、そこだけの変更で
当たる筈がありません。