両手離し〜スプリットドリルの意図の一つに
スイングの源である、誤解を生み易い言葉ですが
『回転力』の育成、『回転力』の増強 があります。

https://youtu.be/fsCzN9IKH9E

ボールを飛ばすのは
ヘッドスピード と言われますが、
それは確か に 「ヘッド」スピード ですが
その クラブヘッド にばかり意識が行くが故に
手さばきで、クラブに近い部位で
 ヘッドばかりを振ってしまう弊害 があります。

クラブに近い部位〜手や腕で ヘッドスピードを上げる
 は イコール
◔からだの回転を止める
◔左サイドの進行を止める

に つながります。

その動きは 労力 というか、充実感が伴うので
そこに行き着き易い のですが、
ヘッドスピードを上げるために
 そのヘッドから出来るだけ離れた 足まわりや
 (上半身の協力を得た脚)
腹筋や背筋などをつかって 向きを変えるチカラ で
ヘッドスピードをあげたい
回転力を付けたい
 のです。

ここも誤解、勘違いし易いトコロなのですが、
回転力も
 速く、スピードを上げる と言う意識よりも
👉素早く回る
👉素早く回りきる
👉出来るだけ短時間で回りきる
 意識の方が有効です。

そう言った意味合いで
小手先で クラブをターンさせるのではなく
文字通り、からだの回転 ぼでいた〜ん で
クラブを 素早く向き変え するためのドリル
と考えて良いと思います。

(両手離(両手離し(両手離し(




多くの方が無意識に行っていますが、
フェースターン、ローテーションというのは
クラブを横に回転させる だけでなく
クラブを縦に回転させる のも含まれています。
その行為 には 左グリップの減速、しいては
左サイドの進行の減速が伴い
からだを止めて 右手で叩く と言う習慣が
刷り込まれています。


右腕で叩くコトは決して悪いコトではありませんが、
それに 左サイドの進行を止める が加わると
右腕で叩く、それを受け止める左サイドのどこか に
故障を生んだり、
その姿勢によって(上を向く姿勢)
右腰を痛めたりする原因になりますから
やはり 自然に 大きなもの(からだ)が動くチカラ を
打撃エネルギーの源 にする方がベターでしょう。

(両手離(両手離し(両手離し(




腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2




スプリットドリルは
右腕を伸ばす その動きを
左腕が下がる〜間髪入れず、上げる によって
回転に逃がします。

インパクト以降、意識としては インパクト以前に
左上腕が上に逃げ、
からだから離れるコト によって
チカラの逃げ先が出来、
 それを回転力に付与するコトが出来ます。

ドリルをして頂くと分かるかも知れませんが、
右腕を伸ばす、
それによって左グリップが前方の押され、
それを止めず、常時、その力を
高さ方向(時によっては隋∋によっては紂
に逃がすコト によって
いつの間にか からだの向きを変える
意識をしなくても 向きを変えられる感じ
を掴んで頂けると幸いです。


別な側面では
 今までよりも 叩けるスイングにする事も可能です。



自分の実感〜経験則 からすると
加齢による 腕の、腕力の劣化 は 他の部位よりも
激しく劣化するように感じます。

ボールを飛ばすのも
弾道の高さを生むのも
ランを生むのも
ショットの安定度、繰り返し性 も
回転力〜向きを変えるチカラ が基本になり
腕でのアクションは極力 おまけ程度に考えた方が
未来の苦しみは少なくなると思います。