https://youtu.be/mPoHWTzMeCk


画像の解析、再生速度が完全に同じ…ではないのですが、
二つのスイングを見ると
やはり グリップ、というか
 左グリップの進行、下がり具合に差が有るように思えます。

両手離しドリル(比較映像)_Moment


ソコの部分、自分でもやってみた、のですが、
インパクト以降 左上腕、左グリップを間髪入れず上に抜く、
(インパクトが来る前に…位の気持ち)の方が
ダウンスイングにおいて
 左腕の下がりは格段に早くなります。
✋上げるには下げなければならないので…


早い段階で左腕が下がると
左ひじが 下向き になり易く、
その向きは それ以降の からだの回転の方向と似ます。
フェースの下向き〜シャット〜ロフトの立ち
も速い段階で生まれ易く、
その点、フェースローテーションの必要性が薄れます。

ダウンスイングで 左腕の下がり が遅い、
もしくは からだの向きの変更への「付き」が悪い と
左ひじややや上目を向いてしまうので
からだの回転の方向から離脱し易く、
ダウンスイング後半〜インパクト前後で
処遇に困るコト、その長さに困るコトになります。



当たらない、届かない の恐怖 はある、と思いますが、
肘から先のアクションで 『ヘッド』の位置 を下げるよりも
より クラブから遠いところの方が
 アクション自体 少なくて済みますし、
ボールに届く、というか
 低いトコロにあるボールは 前傾姿勢と向きの変更で届かせる
と言う基本に立ち返ると
 その前傾姿勢がからだの向きの変更とつながる には
ヘッドを下げる のような 動作 は
体を起こす につながりますから 出来るだけ避けたい です。

ダウンスイングの早い段階で 左腕が下がらないと
廻ることで 左腕がからだに張り付き易く
ダウンスイングの後半ではより下げ難くなってしまいます。

インパクト、それ以降やフォローで 左脇を開ける
 のは 多くの人 にとっては 禁忌な動き と感じているでしょうし、
インパクトの 左腕〜左脇 左ひじの『締まり』
もしくは、左腕の『しぼり』 
 インパクトの目安 になっている可能性も高いので
条件反射的に覚えている ゴルフスイングにおいて
 簡単には 離れてくれない かも知れません。

インパクト以降のリリースは 全く問題ないと思いますが、
ダウンスイングにおいて 左グリップが下がってくれないと
低いトコロにあるボールには届かなくなってしまうので
どうしても リリース と言う名の フェースローテーションが必要に
なってしまいます。
両手離しドリル(比較映像)_Moment(2)

フェースローテーションは ヘッドがグリップを追い越す
というコトですので、グリップの制動、静止、減速 が必要になり
追い越したクラブの負荷 は 肘や肩にかかり
ヘッドが下がるコト と 左肩が上がるコト は
同時に発生します。
クラブが下がる〜落ちるエネルギー を
 回転に使いたいのに
クラブが下がる〜落ちるエネルギー が
 上方にかかってしまう、逃げてしまうため、
 ボールに届かなくなる可能性が生まれ、
 からだの回転を止めざるを得ず
 からだの負担にもなります。