昨日に書いた 足、下半身のドリル は
あくまでも ドリル です。


足のなんとなく の使い方、通り道、
手順として ドリルでやるのは 良いと思いますが、
素振りまでは出来ても
実際の ショット となると
 足使いに神経を使うのは 難しいでしょう。

足はどちらか というと
ボールを当てる、ボールを打つ、強く振る
というコトの補助動作、
その動作をする上で 不自然な動きをしても
からだを痛め無いように逃げたり、
バランスを取ったりする、反射的な補正動作が主になり、
意識的な動作は難しくなります。



ですので 素振りや軽いイメージショットまで が良いと思います。
その際、気にして頂きたいのは

【テークアウェイ時】 左足が 茲慮坿慇瓩

 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 (左股関節を右股関節の下に潜り込ます)
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

tksswing_Moment(2)

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です


と書きましたが、
下半身の動き、アクションは クラブや腕などを含めた
上半身の重さのかかり方によって 左右されます。

つまり、そうなるような 上半身の重さのかけ方 で
造っていく意識を持ってください。
クラブや腕を どこに動かすか、いつ動かすか
 によって 下半身にかかる重さは 変わってくると思います。




スイングの右向き、ダウンスイングには
どうしても 胴体の捻じれ、上半身の上部の重さによる遅れ
が発生しがち です。
ゼロにする事は不可能ですし、体を痛めない為
自然なねじれは許容するべき とは思いますが、
出来るだけ少なく、意図的なねじれは造らない方が良いと思います。

IMG_0013_Moment(2)


肩ラインと骨盤ラインのねじれが少なければ
ダウンスイング〜インパクトにおいて
🔴左半身の方が低い(概ね 多くのモノが下に向かって進行)
🔴左半身の方が高い(概ね 多くのモノが上に向かって進行)
この二つの時間が 肩ライン、骨盤ライン に
同じように進行していきますが、
ねじれが大きいと 左股関節が上がり始める時間が
早く訪れますから、上を向きながら、下に振る
と言う時間が必要になってしまいます。

現代のスイング論の中には
骨盤の傾きと肩の傾きを変え
肩は縦に回転する という奇妙なものまで存在するほど です。
それは スイング動作の初期 の 捻じれ があるから
その後処理として 起こるモノで
決してからだに良い動き とは言えません(痛めやすい動き)から
アマチュアが率先して やるべきモノ ではありません。