ハミングバードでは
骨盤、胴体ゴト、股関節を境目に
からだ、上半身をねじらずに
右を向くコト
をお薦めしています。

20191006_Moment(3)


 それは何故か というと
ポイントの一点には『股関節』があります。

プロがどうであるか、他人がどうであるか、に関係なく
練習量が豊富でなく、からだのメンテもし難い、
筋肉の鎧で骨や関節を守り難い
アマチュア、オジサンおばさんゴルファーの場合、
上半身をねじらず、
股関節を境目に 骨盤〜胴体ゴト 右を向いた方が
体も痛めにくい上に
スイング動作 の時間の中で
 ✋右股関節よりも 左股関節が低い時間を
 たくさん確保するコト が可能になります。


インパクト時の 前傾姿勢
➽具体的には 左股関節部での
 大腿骨と骨盤の傾き差 を
 維持したいと持っているゴルファーも多数います。
➽先日の記事でとりあげた
 ディッシュアングル (左腕とクラブの角度差)
 こちらも維持、意識しているゴルファーもたくさんいます。
✋運動が激しく、運動速度の速い
 ダウンスイング後半、インパクト前後で
 その双方を意識することは 非常に難解 です。
 不可能 と呼べるほどの領域です。
✊しかし、ねじりの少ない良質な右向き、
 胴体ゴト、骨盤の右向きが多くあれば
 その双方の問題は格段に解決し易くなります。





今更、になりますが
スイングの軌道と呼ばれるモノは斜めに傾いており、
ダウンスイングで 進行は 斜め下に向かい
フォローでは その進行は 斜め上に向かいます。
20191006_Moment(4)

出来るだけ それを からだの回転で というコトになると
その 斜め の源は 前傾姿勢
 股関節を境目にした、骨盤と大腿骨の角度差
 によるものです。

つまり 右向きのポイントは
胸とか肩が右を向く…たくさん右を向く
と言うよりも
いかに トップオブスイング以降、
切り返し、ダウンスイング以降
左股関節が右股関節よりも 低い時間を確保出来るか
左股関節の方が低いか というコトになります。
その為に 準備にあたる テークアウェイの時点で
右股関節の方が荼坿慇瓩茲蠅盥發ぞ態をつくり、
その状態がより長く維持されるように
 しておいた方がベターでしょう。


故に テークアウェイを
◔トップの形や、
◔テークアウェイの為に、
       するのではなく
ダウンスイング以降の その股関節の関係 
 それを考えて 形成すると良いと思います。

角度で言う何度 は 好き好き ですが
深い『骨盤の右向き』 
胴体の捻じりの少なさ 
 (肩周りの右向きと骨盤の右向き差の少なさ)

スイングの七癖を隠す ほど
 アマチュアにとっては 生涯の財産になります。


sample2018 (2)_Moment(2)

😢 捻転・・・ 捻じり と呼ばれる
肩と腰の向き差 ですが、
「からだがまわらない」 
とよく耳にしますが、
その部分は 意識的にねじり差を創るのは非常に難しいです。
ある意味 「まわらなくて当然」と言えば良いのか、
廻ってしまったら 痛めてしまう可能性や重大な故障
になる可能性すらあります。
からだの構造的に、
 率先的に 胴体を捩じるように出来ていませんし、
痛み が伴うので、拒否する気持ち、
怖い気持ちから逃れられないから です。
それに比べると 股関節 は可動域が格段に広く、
繰り返し慣れていけば 
 かなり 股関節の可動域は広げるコトが可能 
です。
私たちの年齢にとって 歩くコト や 姿勢やバランスを取るうえで
とても重要になる箇所で
可動域が広がることは ゴルフ以外にも大変役立ちます。




あまり 具体的な動作… の解説は好きではありませんが、
スイングではなく、下半身、足のドリル と言う意味で
 左足が 茲慮坿慇瓩
 アドレス時の飛球線反対方向、からだの右方向に
 じわ〜と押す
 ✋そして、その時、蕕慮坿慇瓩茲蠅
 左股関節の方が下になるように押す と
 右の股関節は 後方(背後)に逃げ、
 結果、として 骨盤が右を向きます。

 ダウンスイング以降は
 右足 が蹴る訳では決してありませんが、
 やはり 右の股関節を
 飛球線方向… 回転することを見越して
 それよりもやや右目のシャンク方向位に
 左股関節を上から抑えるような感じで押すと
 荼坿慇瓩郎犬侶い両紊△燭蠅泙任浪,気譴泙垢、
 それ以降は 左には行けないので
 テークアウェイと同じく 後方(背後)に逃げるような
 そんな感じで 左向き になる訳です。