この腕さばきを ハミングバードでは
 15年位前から 「刷毛塗」と呼んで、推奨しています。

(両手離(両手離し(両手離し(




一度、ローテーションを覚えてしまった人 には
 取っつき難い かも知れませんが、
初めてゴルフをする、スイングを覚える人 にとって、
体力に自信がなく、練習を繰り返せる時間や余裕のない人には
飛距離とアプローチ、飛ばしとスコア を両立させる
一番 簡素な方法だ、と思うから、です。

ハミングバードは ゴルフショップ、
重いヘッド、超柔らかいシャフトを専門とする
カスタムメイドのお店ですが、
クラブを売るために(勿論、たくさん売れると嬉しいですけれど)
そう言ったスイングを提唱しているのではなく、
その逆で、そのスイングを簡単に覚えて頂く為、
もしくは スイングを変えようと思っていなくとも
 そう言うスイングに近寄っていくために クラブを変化、
 ハミングバードなりに改良し、製造販売しているのが本質 です。


シャフトはグリップを移動させる、移動を促すモノ、
ヘッドの重さやその形状は
 そのグリップを望むところに移動させるためのモノ、
それが感じられる、それが理解できる だけで
 相当量、動作を減らし、仕事をクラブに任せられます。

手を返し、グリップを止め、回転を止め、
手さばきでヘッドばかりを動かす打撃法では
 その全く反対で
よりグリップが動かさない、ヘッドを動かし易いクラブ
 に行き着くのは 当然の帰結。
しかし、それでは クラブの進化も、スイング進化も減衰してしまい、
運動性能に頼ったショットやスイング、ゴルフクラブ、

 ゴルフが プレーする人を選ぶ遊びになってしまう と危惧しています。

そう言うスイングやゴルフもあって良いとは思いますが、
折角 他のスポーツと異なり、道具を使い、
 知恵で対処できる遊びなのですから
体力に自信の無い女性や年齢の方が
 下克上で楽しめる ゴルフの良さが薄れてしまう のではと思っています。

73d28d33


多くのレッスンでも
 手で振るのは辞めましょう、からだは使いましょう と
言っていますが、その方法論には眉をひそめてしまいます。

からだの回転 と言っても
現代のゴルフスイングの多くは
腕を振るために その付け根である 肩が動いているだけ で
胸から下 の 本来のからだ は
 それを支えておく土台 でしかなく、
あのスイングテスト用のロボット が理想的なスイングの状態です。
腕を振った時に、動かず、それに耐えられるコト を
 からだを使う という拷問耐久がからだの役割 となっています。

胴体はねじれない 訳ではありませんが、
ねじるコトにはあまり強くありません。
自分の身だけなら良いですが、
腕も含め 長い棒の先に重さの付いたモノを
時速で言うと 100~150舛魃曚┐襪茲Δ並度で振るのには
耐えられるように出来ている とは思えません。

スコアで争うゲームです。
どんなスイングをしていても
練習の数、練習の頻度、球数 が多ければ
スコアは造れますし、ゲーム、と言う勝負ゴト ですので
スイングの是非 だけが すべてではなく、ほんの一部 に過ぎません。
ゴルフトーナメントの運営、メーカーなどは
各選手のからだや選手寿命には興味がなく、
 からだが壊れようが、力任せの飛距離勝負の方が
興行としては魅力があり、選手の側も
フェアウェイをとらえる精密機械よりも
 例え 曲がってラフに入れても より近ければ何とかなる
 という オリジナルのゴルフからはかなり変質したモノになっています。
それはそれで楽しいですが、
 体力が違う、練習量が違う、取り組みが違う、
アマチュアがそれを真似るかべきか、どうかは別物です。
SNSの時代になって そこの見分けがつかなくなる人が
 加速度的に増えている気がします。