あれ? これって
あの例の「達人リートレビノ」の雰囲気と似てるかも…、
って感じたら かなりいい線 行ってます。




当たらない、打てない、
こんなのゴルフスイングじゃない、
そう感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし、この素振り を通して
 ❷点 気付いて頂きたいのです。
 
➀.自分のスイングは インパクト前後、そして以降で
 左を向けていない〜左半身が止まる

➁.もしかすると
 フェースローテーションよりも
 ヘッドとグリップの上下反転 という
 意識がぬぐえない



➀.は既に何度も説明しているので
 簡単にしておきます。
 フェースローテーションをするには
 支点が止まらないと出来ません。
 多くの場合が 左グリップ です。

 運動の中で 左グリップを止めるには
 左半身の移動も止めなくてはなりませんし、
 左腕が硬直するような動き が必要で、
 それが インパクトの目安、目標地点であり
 目標動作 になっていませんか❓


➁.は頭の体操 です。
上の➂っの動画には すべて
 ヘッドとグリップの上下反転は存在しません。

ややこしいですが
 腕さばきでの ヘッドとグリップの上下反転はなく、
 前傾姿勢とからだの回転 によって
 ●テークアウェイ~トップ~ダウン前半 で
 ヘッドの方が「位置関係」として高くなり、
 ●ダウンスイング後半~インパクト~フォロー前半
 ヘッドの方が「位置関係」として低くなり
 ●フォロー以降
 ヘッドの方が「位置関係」として高くなっているだけ。


腕とクラブの関係では
 常時、スイングを通して ヘッドの方が高い のです。

ですので、両手を離した素振り であっても
 それをスイング化したものであっても
フォローでは 左上腕をあげ、左グリップが上げますが
 ヘッドは放置、低いままにしておきます。

✋そこを反転させれば 左上腕は上げられませんし、
 判定と言う行為は 支点である 左グリップの移動を止めます。


その2点を気付いて頂いた だけで
 この両手離しの素振りの意味は十分あります。
それだけでも スイングにはとっても有用です。


では、その2点を着目し、ショットを見てみましょう。
 


このスイングにインパクト前後で
 左サイド、左グリップの止まる気配がありません。
よく言われる
「フォローは低く、出来るだけ長く出す」は
左サイド、左グリップが止まったら 実現出来ません。

真っ直ぐ行かせる、
繰り返し似た球を打てる、
条件とも言えます。


このスイングに 腕さばきで
グリップとヘッドの高さ関係を反転させる動き は
テークアウェイにも、ダウンスイングにもありません。

スイング軌道という
前傾姿勢   …股関節を境に 骨盤と大腿骨の 前への傾斜『差』
によって 傾いた、 その軌道 に沿って
かかる重さや不可抗力は考慮に入れている と思いますが、
その軌道通り、手は押しているだけ、です。