●腕でのクラブさばき と からだの回転を同調(同期)させる
というよりも
●腕さばきで からだの回転を造る と言った方が良いでしょう


✋✋✋それでは その為の素振り…から。



こちらは橋爪プロからお借りした動画を元に造りました。
これって、説明がないと
「なんのこっちゃ」
って思うのが、普通かも知れません。

打てる気,ボールに当たる気がしない…でしょうね。

コースの前の準備体操か、なんかですか? って聞かれそうです。
       ……流石のパクリー君もこれは真似ないでしょうね💦


素振りしてみる、そのイメージのポイントは大きく二つ です。

1.右腕が伸びていくと 左グリップはどんどん逃げていきます。
 蕾,靴進、萋┐欧襪里
 萋┐欧進、蕾,垢里 は 微妙です。
 正しくは後者…と思いますけど。

 切り返しから 蕕亮蠅里劼蕕
 地面に向かって 伸ばしていく感じ がポイントです。

2.フルショット、フルスイングにおいて
 左上腕は インパクト以降 上に逃げます。
 インパクト前から 上に逃げる
 というイメージで良いと思います。

 兎も角 左上腕と左側帯、からだをロックせずに
 左上腕が上に逃げるコト が 回転、
 左向きを作り出す と考えて下さい。

 ✋回ってから 左上腕が逃げる のではなく
  左上腕が上がることによって 左を向く 感じです。


 インパクト以降、左腕(左上腕)が上に逃げるには
 ダウンスイングで 左上腕が下がらない(動かない)と、
 左グリップが下がらないと 上に逃げるコトが出来ません。

ローテーションスイングから改良する場合、
この 左腕とからだのロック が
インパクトの目安 となっている筈 です。

ですので 騙された と思って、
右が押したら、左上腕は上に逃げる を
やってみて下さい。

👉そうすると インパクト以降 左向き がないと
それが出来ないことが判ります。
同時に インパクト以前に からだが左向き になると
左上腕を上に逃がすことが出来ません。

切り返し…から ダウンスイング で
左上腕が 胸に張り付く と やはり左上腕をあげられません。

✋形…としては出来ますが、
ボールを打てません、空中を空振りか、
ボールをフェースで打てません。
フェースがボールを向く機会が生まれません。


右手が伸びるコト によって
 ヘッドがボールの方へ出てしまったら
左グリップ〜左上腕 は 上に逃げることが出来ません。
からだに張り付いてしまいます。
その時点で 腕とからだは分離します。

右手の手のひらを 地面に押し付けるように伸ばす と
左グリップは軌道上、前に押されます。
それが インパクト以降は上軌道になるだけ です。


それを実際に行い、
 ショットをしたモノと重ねたのが この映像 です。


この素振りを ショット化した 単独映像がコチラ