全体のスイング像 を見ていると(時間進行、時期的に)
右腕の伸ばし は インパクト付近 にかかっている
ように見えますから

右の手のひらが 飛球線方向に押している と

考えがち… ですが、そうではありません。


実稼働 として 働いている とは言い難いかも知れませんが、
実際に蕕亮蠅里劼蕕撚,修Α,箸靴討い詈向は
左太ももの前方向
 その要素は水平方向よりも
 膰きの方向の意識の方が強い と思います。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

ただ スイングは どんどん回転して、向きが変わっていくので
それが 稼働して見えるのは 横方向なだけ です。

この場面で、この方向から見ると
グリップの位置、蕕亮蠅里劼蕕函´茲梁世發發料亜,
左右、横方向の関係ですが、
ご自分でトップを造って
 その場面での 蕕亮蠅里劼蕕蛤犬梁世發眩亜,隆愀犬
 確認してみて下さい。

からだには 前傾姿勢があるので
 その横の移動には 多分に縦の要素があり、
トップの時点では すぐ横、
 逆に横の要素の方が少ない??位置関係です。



●左腕 と 左半身が 向きを変えて 逃げるから
右手の押してサポートしていくのか、
●右手が押していくから、左半身が逃げるのか、
正しくは 前者 だと思うのですが
左右の腕の力関係 や 過去のスイング遍歴によって
 絶対そうだ、とは言い切れないほど
腕のさばきとからだの回転はつながっています。

どこかで 左腕が止まる、左グリップが止まる、
もしくは 回転が、特に左半身の向きの変更が止まれば
 フェースローテーションになってしまいます。
しかし、フェースが開いていないので その必要がありません。

ですので ハミングバードでは
テークアウェイにおいて
前傾姿勢なりの 両肘の高さ関係を作りましょう と提唱するのです。
前傾姿勢なりに 右ひじの方がやや高い トップを造りましょう
 と提唱するのです。
✋その時点で寝ていたら
 フェースローテーションは必須 になりますよ、と。

骨盤を回さず、肩ライン、腕だけで
トップとおぼしき位置にクラブを送ると
必ず 開くことになり、その時点でローテーションは必須。
胴体を捩じって トップを造ると
 フェースを開くことになり、そのツケは大きい、と。

なので 骨盤を、股関節を境目に右を向きましょう と提唱するのです。


フェースを開いて、フェースを閉じる と
その行為分、道のりが長くなり、
余計な行為が行きにも帰りにも入っているので
当然、遅くなります。

右を向いていたからだの向きが
 正面に戻っていくコト の 流れに乗れず、
その行為の代償行為 が 手の返し なのですから
冷静に考えると 無駄無意味、二度手間、
 今どきの言葉で言うと コスパ悪! って感じです。