先日、あるSNS で何かで悩んでいる人が
自分のスイング動画を載せ、
具体的な悩みは書かず、アドバイスを、とお願いしていました。


そのスイングは決して悪くありません。
あえて 言うのなら オーバースペック。。。
シャフトが硬すぎ、ヘッド重量が足らない。。。
そんな程度ですが、振り回すわけでもなく
からだの回転を主に打っていました。
アマチュアでは大変珍しいケースです。

おそらく…ですが、スペックがきつい為、
必要以上に深くトップが入ってしまい、
また、テークアウェイが急ぐことになるので
安定感に欠く のが悩みなのかな・・・ですが、

私もそのグループに入っていますが、
仕事柄、名指しで指名を受けない限り、
見るだけ にしています。


ところが、ある方が アドバイスで
『テークアウェイで腰を回しすぎる
 腰はひねらず 肩だけ回せ、捻転しろ。』

と言っていたので、すかさず
「お悩みの内容にも寄りますが、
 それは変えない方が良いと思います。
 テークバックで 腰を回さず、肩だけを回す
 というコトは 今開いてあげていないテークバックを
 開いてあげることになり、
 その開いたモノを閉じる という問題は
 おそらく 今、悩んでいる問題よりも
 遥かに難しく、かつ、永遠に答えが見つかりません。
 良くご考察下さい。」 
と書きました。

まあ 勿論、どのアドバイスも
余計なお世話ですし、その方が選ばれるコト ですが、
経験上、開いてあげる とか 開いて降ろす のリスク は
あまりに深く、非常に長きに渡ります。

腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment1腕のクラブさばきとからだの回転の関係_Moment2





フェースローテーション、手の返し
それをしなければならない理由、原因は
『フェースが、ロフトが開いている から』
『このままでは フェースでボールが打てない から』
 で、
望んで フェースローテーションをしたい人を除き、
その原因を取り除くことが重要です。

どっちにしろ からだの向きを変える
 という 円を描ける行為 があるのですから
それを 問題が増える、課題が増えるのに
 小さな筋肉の腕で 二度手間にする必要はないのです。


コチラをご覧ください

一般的に行われる フェースローテーションに相当するコトを
からだの回転を主に行っています。
 からだの回転で行っているが故に、
ハンドターンで行うより弧は大きくなりますし、
ロフト変化やフェースの向き変化、入射角度変化が緩やかなので
当然、安定し易いですし、距離も出せます。
それを実行できるのは 開く、フェースが開いてしまう動き を
スイング動作の中に入れていないコト に尽きます。

フェースを開く と言う余計なコトをしたお陰で
 フェースを閉じる という、
ただ閉じれば良いで済まない難しい更なる余計なコト を
 一番スピードの乗せたい、短時間の間に行わなければならなくなるのです。

既に フェースローテーションで打てている〜治したい人 にとっては
 新たな課題 ではありますが、
ゴルフを始める 真っ白な人には どちらが良いか 明白だと思います。


どういうイメージか、 を解説すると
基本、からだの向きの変更と左腕(特に上腕)は.罐縫奪函,任后
これから トライ、もしくはフェースローテーションを改善したい人にとっては
左上腕で からだの向きの変更 をコントロールするような 感じになり、
そのタイミングや方向は 左上腕を先導さんにして行う感じです。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(4)

ゆるゆる にする とまでは言いませんが、
ヘッドの重さは 無視、
グリップは動かす、けれど ヘッドは
左腕〜左半身、からだの回転は担当外 です。

放っておくと 運動が加わり、腕やクラブは重くなり、
グリップが遅れてしまい…そうです。
グリップが遅れれば、
グリップがからだの進行から遅れ、からだの右外(右打ち)に出てしまえば
ロフトは開き、フェースローテーションが必要になります。

ですので、右手 で
斜めに傾いた軌道通り、重くなり 膨らみそうなコトも加味し、
軌道に対し 常時垂直に、
トップの位置では 真下(やや左) にやや近い感じ でしょうか、
手のひらで押してあげ、
その遅れを食い止める と感じです。


ここで気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、
言葉では「からだの向きの変更で打つ」と分かっていても、
フェースローテーションをする方は
右手、右腕、右半身にかかる重さを 右腕で打つ、叩きます。
「からだの向きの変更で打つ」のは
 その叩くのは 言葉の通り、からだの回転です。
 つまり 叩くに相当する 重さをどかすのは からだ です。

チカラが入らない というコトを感じる方は
 右腕に関連した その重さ を 振る充実感、打つ満足感
と思っているフシが見られますが、
それは ほぼありません。

腕に比べ、からだは筋肉も大きく、鈍感なので
 その実感は 非常にぼやけており、
無いに等しいほどの 労力感 と言えます。

遅れそうになる 腕やクラブの重さを 押す
サポートして、からだの回転から外れないようにするのが
右腕、右手の役割で
 右手で打ちたい人にとっては満足感は得られないかも知れません。