右利きの右打ちの人が
その強く、器用な右腕を有効に使える方が
覚えるのも楽でしょうし、チカラも使えます。

●右手で叩きつつ、
からだの回転も有効に使う

●からだの回転で打ちつつ、
右腕でも叩く

それは腕の使い方、
 クラブのリリースの仕方によって「可能」です。



◇◇◇ポイントは クラブのリリース…その方向にあります。



クラブは両腕で、両手で持っています。
使いたい腕は 利き腕である右腕 です。
それに対し、左腕はクラブとからだのリンクマン です。

からだの回転には 特定の運動方向があります。
前傾姿勢はありますが、それはからだの横 左右方向 です。


▲▲▲ダウンスイング…でまず 考えてみましょう。

その準備に当たる テークアウェイはそれを元に
 逆の運動方向である というコト、準備であるコト
 を考えていけば良いでしょう。

ダウンスイングで 右腕を使った時、右腕を伸ばそうとした時、
 リンクマンである 左腕が からだの回転の方向
 この場合は 右から左 ですね、
 その方向に 移動される、押される、
 右腕が伸ばされた時、その方向に移動させられる
 ようにしないと 両腕、そしてクラブの移動方向と
 からだの移動方向のつながりが切れてしまいます。

空手チョップ

具体的な動作…で話をすると
 右腕を伸ばそうとした時、
 それによって動かされるクラブ が
 空手チョップ(手刀打ち) をする方向
 クラブが手のひらに対し 親指から小指方向 に
 動かしては クラブ〜腕の動きと
 からだの回転方向との繋がりは切れてしまいます。

 右腕を伸ばした時、伸ばそうとした時、
 その分、左グリップ〜左腕が動かされる(移動させられる)
 ような方向に伸ばさないと、からだとの関係は切れます。
多くの。。。右腕の伸ばし〜クラブのリリース は
 どこかの時点で 左グリップが止まるリリースですので
 これでは からだの回転と腕のリリースが共存できません。


sp4

 例え 腕をねじって それを回転方向とつなげた
 としても その空手チョップリリースでは
 ソールでしか ボールを打てません。
 フェースで打つのには その先 もう1アクション
 その後、フェースターンやローテーション が必要になります。
 それを実行するには 左腕 からだとのリンクマン を
 止めて置く必要が生まれてしまうので
 その ハンドターン、アームアクションと
 からだの回転はつながりを失います。

20200621 編集済み_Moment(6)20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)







からだは止めるつもりはないけれど
ボールを打つコトには直接関与せず、
ヘッドを返す その支点になる左グリップの位置を作るだけ
のからだの回転・体の向きの変更 というコトになります。