ゴルフスイングを良くする、改良する、
とは スイング動作 や クラブ扱い を
シンプルに、単純化していくコト、だと思います。

V字を維持してみよう 上編_Moment(2)
例を挙げると
よく言われる 『ダウン』スイング、
右打ちの人であれば 右から左への動き、
上から見た時の 反時計周りの向きの変更、になる訳ですが、
その際の進行方向(右から左)のからだの部位
が 低い方がやり易いでしょう。

スイングには前傾姿勢があるので
それを造り易い筈? です。

両腕の付け根 肩の部分も
ボールを打つまでは 蕕茲蠅皚茲諒が低い
とともに
脚の付け根 股関節の部分も
ボールは打つまでは 蕕茲蠅皚茲諒が低い

同じような高さ関係の方がシンプルだと思います。


概ね ですが
左右の肩 や 左右の股関節 は
インパクト付近を境に 茲上がり始め、
その上下の関係が逆転? 入れ替わるモノと考えた方が
問題や課題はシンプルに考えられると思います。

肩は茲上がり始めているのに
股関節は 茲下がっている では
問題も複雑化しますし、動作そのものがからだに負担を掛けます。

達人のココから盗め_Moment(5)

✋スイングの話しの中で『フットワーク』が出てきたり…しますが、
そのフットワークも その付け根
  股関節の状態 → 骨盤の状態 によって
決まってしまいますので、
そう言う意味でも しっかりと骨盤の向きは造った方が良いと思います。
置き去りくん1_Moment

テークアウェイの際、
骨盤をしっかり右に向けた方が、
左サイドの低い時間を確保し易くなります。

テークアウェイの際、
肩と骨盤に向き差、からだの捻じりがあると
…この場合は 肩が大きく向きを変え、骨盤は中途半端…では
肩が ボールと正対した時には
骨盤は 莨紊りの状況がやって来ます。

スイング動作 にとって
左右の側帯の 伸ばし〜縮み はあまり体に良くありません。
出来れば避けたいですし、無理して行えば腰痛の原因にもなりかねません。

肩と骨盤に向き差 があると
どこかの時点で 我慢を強いられることになるので
それを出来るだけ「排除」する為にも
自分の意志で「作り変える」コトが可能な
テークバックの時点で 肩と骨盤の向き差 を
出来るだけ「無くす」、もしくは極力「減らす」のは
大切だと思います。