mhよくある こういうインパクト…ですが、


腰のラインはど開き、
左右の向き としては左を向き
上下の向きをしては 上向き です…が

肩のラインが それ通り だと
downswing
ボールに届かなくなってしまうのもアリ、
左右の向き としては 相当 こらえており
その分、上下の向きは 腰のラインよりも
かなり上に向いています。



手で振る と言うのはこういうコト です。
ある一定のヘッドスピードを越えている場合、
そのクラブを打つのに より緩い入射角度
場合によっては 少々 煽り気味(上昇気味)で
ボールをとらえるコトが出来、飛ばし には有利…かも
知れませんが、見ての通り、上半身を右に倒し、体重をかけ
からだの右サイド(右側帯/右腰)を潰し
からだの左サイド(左側帯/左腰)と伸ばしていますから
よほどの得られるものがないと アマチュアには不適切 です。

アマチュア、特に オジサンおばさんゴルファーの
ヘッドスピードでは 逆に飛ばなくなってしまう可能性も高く、
割に合わない可能性の方が高いでしょう。


そして 最大のデメリット は
長さの関係上 どうしても 緩いヘッドスピード、
高くないヘッドスピードで打つ アプローチやショートアイアン が
本来、飛ばせる距離まで打てず(飛ばず)
より 強い、不必要な速いヘッドスピード、動作速度 が
常態化 してしまうので 距離感を覚えにくく
からだの左右の開き と からだの上向き/下向き に
規則性が無いため、安定したショットがし難くなるコトです。


ゴルフスイングの
からだの回転 は 肩をまわすコト ・・・が
アマチュアに呪いをかけてしまった次第 ですが、
安定して、効率よく遠くに飛ばす
 そして からだを痛めない という条件から
一番離れた方法 と気づいて頂けると良いかな と思います。



からだ この場合、定義付として
腕の付け根〜足の付け根 その四隅を基点とした
胴体、その胴体そのものの向きを変えるコト が
からだの回転です。

結果、として 傾いた 円を描く訳ですが、
その円を描く 主エンジンを「それ」だけ にするのが
体に優しく、安定性、効率性を同時に生む最大の方法です。

振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




手で振る となると
ここから ボールを打ち終えるまでの円弧 を
●骨盤の動き
●肩の動き
●グリップを支点としたクラブの動き(小手先さばき)

という 3個の支点を持った円 になり
それらは相互に影響し合いますので
円の大きさや最下点の位置がズレやすく
ミスを生み易くなってしまいます。

大森201904_Moment大森201904_Moment(4)












円を描くイメージ は
間違ってはいないのですが、
そうで あるのなら余計
支点 は一つ にした方が良いと思います。