硬いシャフト でスイングを覚えれば、
ヘッドを振りまわし、
そのしならないシャフトを しならせて
そして しなり戻して打つ コト を覚える と言うか
強要・・・そうしないと ボールを打つコトも
ボールに届かせることも、飛ばすコトも出来ません。

ハミングバードで考える 『アマチュアにとって』良いスイング とは
「からだに負担なく」
「出来るだけ 遅く動いて飛距離を出せ」
「出来るだけ 安定して繰り返せる」
コトが基準です。
具体的に言うと
 自分の動作、体の各部位、グリップやヘッドなどのゴルフクラブが
同じ流れ、一貫した動作の中にあるコトでしょう。

✋全体が一貫した流れ 一貫した動き の中 にあるから
 結果、として アドレス通り、インパクトがからだの正面になるのです。

MVI_0873 (2)(2)_Moment(5)














一方 『アマチュアにとって』あまり望ましくないスイングは
動作の中で 体の部位のどこか とか クラブだけ とかが
全体の動作とは違う 局所的な部分だけが動くスイング です

ゴルフは 見た目… の良いスイングの品評会では
決して!ありませんが、良いスイングの方が
長年に渡り、安定して、からだを痛めず 楽しめます。
一見 ゆったり振っていても 満足できる距離が打てますし、
その弾道は 柔らかいシャフト 重いヘッドでしか出し得ない
んじゃ ないでしょうか…。


硬いシャフト、軽いヘッドの ハードスペック、
オーバースペックなクラブでゴルフをする限り、
飛距離の追及を断念しない以外
かならず どこかで からだを止め 先端だけを
からだの局所だけを、腕や肩だけ動かさなくてはならなくなります。

からだをひねったゴム。。。のように使うのですから
当然、体の部位にも、動きにも無理と言うか 負担がかかります。

スイングタイプの好き嫌い は有ると思いますが、
私個人の目には オーバースペックなクラブで作られるスイング
きたない・・・とまで言うのは控えておきますが、
目に優しくない、なんだか痛そうなスイング です。

からだを痛めそうなスイング に
行き着くようなクラブを わざわざ お金を出して
購入するのは どうなの❓  っと思います。


mhその方が どんなスイングが好きか にもよりますが、
腰は 飛球線を向いて ど開き状態 なのに
肩ラインはボールを向いている ような インパクトは 
「アマチュア」が目標とすべき スイングではありませんし、
結果、そうなってしまうような
そうさせてしまうような ゴルフクラブを
業者・プロであるコチラがお客様に
お金を払って頂いて お渡しし、使って頂くのは問題だと思っています。